異業界・異職種・異業種の未経験者を企業の採用担当者が歓迎するときの条件と理由

異業界・異職種・異業種への転職を考えている方が懸念することに「未経験」があります。

「法人営業経験5年以上」
このような条件付きの求人広告って多いですからね。

そこで、未経験者を企業の採用担当者が歓迎するときの条件と理由について取り上げてみます。


スポンサードリンク




企業が未経験者を採用する理由

即戦力になる人間がいいに決まっている!
簡単にこのように決めつけると転職で損してしまうかもしれません。

というのは、企業にもよりますが未経験者を積極採用する企業も多いからです。
その代表的な理由は以下の通り。

同業他社での経験が邪魔なことがある

同業他社から転職してきた人材の定着率が意外と悪いというのはご存知でしょうか。
理由は、転職前の会社と比べてしまうからです。

異業種への転職だとしても、会社の規則や環境、人間関係などを比較しますが、同業者からの転職者は尚更。「これなら、転職前の方がマシだった…」と考えてしまうわけです。

その点、未経験者は「この業界ではこれが当たり前なんだろうな」と素直に新しい環境ややり方を受け入れる傾向があるので、企業側としては迎え入れやすいというわけです。

異業種の人間の経験や新しい発想に期待

ある程度の期間同じ会社に勤めていると、すっかりその業界に染まってしまって発想が固まってしまう傾向があります。

そこで、企業の採用担当者は社内に新しい風を起こすために、業界未未経験者を雇うわけです。

また、元銀行マンを新規取引先の開拓や銀行からの融資をスムーズに行うために雇い入れるなどの戦略的採用もあります。

学ぶ意欲が高い

同業者からの転職組と比較すると、異業種から転職してきた未経験者の方が学ぶ意欲は高めです。それはそうですよね、1から学ばなければならない状況ですから、必然的に必死になります。

逆に同業者は「そんなことは知っているよ」と素直に学べない心理になってしまうので、未経験を積極採用する企業があるわけです。

歓迎される未経験者の条件

しかし、同じ未経験者でも歓迎される条件は存在します。
それは、年齢が若いこと。

企業側にしてみれば、若ければ若いほど伸びしろがあると考えますし、年齢が高ければ高いほど「1から経験を積むのは本人にとっても大変だろう…」と考えます。

ですから、若い人は「異業種へ転職するチャンスは今しかない」と思っておきましょう。

本日のまとめ

「未経験が逆に強みになることもある!」

異業種への転職を考えている方は、このくらいの気持ちで頑張れば道は開けるものですよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ