初めての確定申告【副業・外交員・個人事業主向け情報】

この記事は、外交員や個人事業主、副業をしている方で、初めて確定申告をする方向けの情報です。

初めての確定申告
「確定申告って難しい?」
「税理士をお願いするメリット・デメリット」

こんな初歩的な疑問に対する答えをまとめてみました。


スポンサードリンク




確定申告って難しいの?

初めて確定申告をする方は「確定申告って難しそうだな…」とか「確定申告は面倒臭そう…」と思うかもしれませんが、実際にやってみると意外と難しくはありません。

申告書にある記入例を見ながらすすめれば、中高生でも出来るレベルですし、それでも解らなければ最寄りの税務署に直接出向けば職員さんが丁寧に書き方を教えてくれます。

申告書はどこで手に入れるの?

過去に確定申告をしたことが無いと「申告書は税務署が送ってくる」と勘違いしている方も多いですが、書類が送られてくるのは過去に確定申告をしたことがある場合です。

ですから、副業や外交員、個人事業主の方で初めて確定申告する場合は、税務署に行って申告書一式をもらってくる必要があります。

確定申告は税理士さんにお願した方がいいの?

初めて確定申告される方の中には「税理士さんにお願した方がいいの?」と考える方もいると思いますが、税理士費用は高いので、良く考えて決めてください。

税理士費用は税理士事務所によって全然違いますが、相場としては、副業や外交員の方の決算で4万円から5万円、個人事業主などで決算時期だけでなく、普段からお世話になる場合は月々の顧問料が2~3万円、決算料が10~20万円です。

以下に税理士に依頼するメリットとデメリットをあげておきます。

【メリット】
  • 丸投げできる(確定申告レベルであれば)
  • 税務相談が受けられる
  • 青色申告など、素人では難しいレベルの会計処理をしてくれる
  • 会計処理の間違いが無くなる


【デメリット】
  • 税理士費用が高い
  • 大きな節税は望めない(税理士は税金をしっかりと納めさせるのが仕事なので)
  • 気難しい先生タイプやいい加減な税理士もいる
  • 一度、税理士に依頼するとやめたり変更しずらい

個人的には、勉強のためにも自分で確定申告を1度は経験し、その上で税理士にお願した方がいいかを判断する方がいいと思います。

クラウド会計サービスを利用する

確定申告だけならいいのですが、問題なのは日々の帳簿付け。

白色申告の場合、領収書や帳簿の提出は義務付けられていませんが、「会計帳簿及びその事業に関する重要な資料」と「計算書類及びその附属明細書」の保管義務は会社法で10年間と定められていますので、しっかりとつけるようにしてください。

ちなみに、紙の帳簿と違って断然便利なクラウド会計サービスを使えば、日々の会計処理の手間がほとんどなくなりますし、税理士費用と比べて圧倒的に安価ですので使わない手はありません。

お試し期間もありますので、試してみるとその便利さがわかりますよ!

クラウド会計freeeを見てみる


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ