転職のアピールポイント

転職の際にアピールポイントで悩む方は多いですよね。

第二新卒や30才前後まではやる気だけでも採用されますが、35歳を過ぎるとそれだけでは採用されません。

アピールするビジネスマン
また、求人を出している企業が求めていることと、応募者のアピールポイントがズレていると本来は採用基準を満たしている方でも見送られてしまいます。

そこで、企業が応募者に対して何を求めているかをまとめてみました。


スポンサードリンク




企業が転職者にもとめていること

年代によっても企業が求めていることは違いますので、30代半ばまでの若年層、35才から50歳未満の中間層、50代以上の高齢層にわけて企業の求めているポイントをまとめました。

若年層に企業が求めているもの(新卒~35才まで)

この年代の転職者に対して企業が求めているものは、何といってもやる気や情熱です。

特に、ゆとり世代やさとり世代は「仕事に対するモチベーションが低い」と思われていますので、やる気がありそうな若者というだけで企業の採用担当者にしてみれば好印象になります。

但し、30代を超えたあたりから、ある程度の仕事経験を問われます。

マネジメント経験やプロジェクト参画経験などがある、もしくは、営業で断トツの実績を出していたなどの実績など、何がアピールできるかを洗い出してみましょう。

中間層に求めているもの(35才から50歳未満)

求人広告で35才までという条件が多いことを考えても、転職先の選択肢は少なくなります。

しかし、以下のようなアピールポイントがあれば、雇ってくれる企業もありますので、これまでのビジネス経験を棚卸して該当するものを見つけ出してください。

即戦力となれる力量やスキル

企業はこの年代の人材を時間をかけて育成するつもりはありません。
ですから、即戦力となれる人材でなければ必要ないのです。

ただ、自分では意識していない当たり前のことでも、求人先の企業にとっては必要なスキルを持っていることは良くあることです。

過去の業務経験を徹底的に洗い出して、自分が即戦力として力を発揮できるスキルを1つでも多くみつけましょう。

マネジメントスキル

この年代に最も企業が期待することがマネジメントスキルです。

中間管理職というのは、上司と部下の間の指示系統であり、潤滑油である必要もありますし、プレイングマネージャーとして自分で業務をこなす能力も必要です。

ですから、具体的にどのような内容・規模のマネジメントをして、どのような成果を出せたかなどの実績があると大きなアピールポイントとなります。

柔軟性や適応能力

実績が十分で、企業のニーズを満たしている人材だとしても、入社後に面倒をおこされたら大変です。
ですから、企業は柔軟性や適応能力を重視します。

会社の方針に馴染むことが出来るか、過去の経験や栄光にしがみついていないかetc

非常に重要なポイントですので絶対に忘れないでください。

高齢層に求めているもの(50代以上)

これからの世の中は「生涯現役」が当たり前になっていくことを考えると、厳しいとはいえ50代以上の方にもニーズが全く無いとは言い切れません。

例えば、若い企業家がベンチャー企業を立ち上げた場合に、経験豊富な高齢者層の人材を欲することは珍しいことではありませせん。「社長室室長」「監査役」などという役職に就き、経営に対してアドバイスをする立場として転職に成功した高齢者層は実際に数多くいます。

もちろん、転職が簡単とは言いませんが、以下のポイントに該当するものが多ければ多いほど、転職できる可能性は上がるでしょう。

  • 育成能力や統率力がある
  • リスクマネジメントやコンプライアンスなどに詳しい
  • 大企業での職務経験があり、成長の過程で的確なアドバイスができる
  • 経営感覚を持っていて、社長や役員の相談役になれる
  • 社会改革や改善を成功させた経験がある
  • 数多くの有益な人脈を持っている
  • 変化対応能力がある
  • 柔軟性があり、若いビジネスパーソンにあわせられる
  • ある程度以上のITリテラシーがある

本日のまとめ

企業のニーズを知るには、以下のようなひとつでも多くの求人広告に目を通すのが一番早いです。
「○○な方!」などと、欲しい人材について書かれていますよ。

MIIDAS(ミーダス)


Switch.


リクナビNEXT


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ