転職でアラサーの人が注意すべきこと

「このまま今の職場で働き続けていて大丈夫か?」「今の仕事を続けていくべきか?」と考え、転職活動を始めるアラサーの方に知っておいて欲しいことがあります。

それは、新卒や第二新卒とアラサーの転職活動は全く違うということ。

アラサーのビジネスマン
では、どんなことに注意すればうまくいくのでしょうか。

そこで、転職でアラサーの人が注意すべきことについてお送りします。


スポンサードリンク




アラサーになると誰もが転職を1度は考えるが…

アラサー(アラウンドサーティー)とは30才前後の方のこと。
この時期になると、誰もが「このままの仕事(職場)でいいのだろうか…」と考えるものです。

理由としては、20代後半から30代にかけては、男女ともに結婚を真剣に考え始めるので、今の職場(仕事)が将来を見越して続けていくべきものなのかを自問自答するからです。

しかし、このような漠然とした不安だけで転職をするのはおすすめできません。

何故なら、転職が必ずしも成功するとは限りませんし、成功して何かを得たとしても、必ず何かを失うからです。(例えば、年収はアップしたが、仕事時間が長くなりプライベートの時間が減るなど)

中途採用市場でニーズがある転職の最後のチャンス

アラサーで転職活動をする方が肝に銘じておいて欲しいことに、自由に転職できる最後のチャンスだということがあります。

20代後半から30代前半までの年代の人材は、基本的なビジネススキルは身についていますし、職務経験も十分、人によっては役職などの責任ある立場も経験していますので、中途採用市場においてもっとも企業のニーズが高い年齢です。

ですから、業界未経験でも採用してくれるところはあちこちにあるでしょう。


しかし、その反面気を付けなければならにこともあります。

求人広告を1度でも見たことがある方は判ると思いますが、応募資格の上限年齢がほとんどの会社で35才になっており、それ以上の年齢になると転職活動の難易度が格段に上がるからです。

転職してどうなりたいか、どうしたいかを軸にする

「あなたは転職してビジネスマンとしてどうなりたいですか?(何をしたいですか?)」
この質問に対して、即座に周りの人間が納得するような答えは出てきますか?

もし、出てこないのであれば、今の仕事をしながら答えを探してください。
見つかってから転職活動を始めても遅くはありません。

また、「給与が低い」「人間関係が悪い」などのマイナスから逃げるような理由だけなのも問題です。

どこの会社に転職しても、いい面もあれば悪い面もあるからです。

本日のまとめ

仕事を変えるというのは大変な労力が要るものです。

仕事だけが人生ではありませんが、働かないでも食べていける人以外は仕事を失うわけにもいきません。

ですから、アラサーくらいの年齢で転職するのであれば、自分のビジネス人生やキャリアプランなどをしっかりと考えた上で転職活動をするようにしましょう!

なかなか思いつかない方は、難しく考える前に求人情報をいろいろと見てください。

求人は世の中の流行や景気などを大きく反映しますので、あなたが想像もしていないようなビジネスを展開している企業があるかもしれませんよ!

【転職に強いサイト】

MIIDAS(ミーダス)


Switch.


【リクルートエージェント】


転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ