転職スケジュールを立てるコツ

転職するためには、現在の職場を退職することと、新しい職場を探すという2つのことを効率よく進めなければなりません。

転職スケジュール
無計画に転職活動をしても上手くいきませんので、転職スケジュールを立てるコツを参考にしてみてください。


スポンサードリンク




転職スケジュールまとめ

転職は自分の都合だけでは進みません。
何故なら、現在所属している会社の都合や求人募集している会社の都合もあるからです。

ですから、「どのくらいの期間で転職するか」という目標を設定して、スケジュールを立てるといいですよ。

1.求人情報を収集する

いきなり会社を辞めてしまう前に、最低でも求人情報を収集してください。

実際に求人情報を見ると転職のイメージが明確になり、今後のスケジュールが立てやすくなります。

今の求人サイトは、無料登録すると希望の仕事の求人が出たときにメールで通知してくれるなどの便利な機能もありますので、情報収集に手間はかかりません。

以下にいくつか人気の求人サイトのリンクを貼っておきますね。

MIIDAS(ミーダス)

Switch.

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

リクナビNEXT


2.履歴書や職務経歴書の作成

転職サイトで情報収集をするのと当時に履歴書や職務経歴書などの転職時に必要な書類を作っておきましょう。

理由は、これらの書類は作るのに時間と手間がかかるからです。
いい求人を見つけたら即座に応募できるようにしておきましょう!

3.求人に応募する

書類の作成が終わったら、いよいよ求人に応募します。

今はインターネットからのエントリー後に書類郵送という流れが多いので、人気の求人はあっという間に埋まってしまいます。「これだ!」という求人を見つけたら、1分でも早く応募するようにしてください。

4.面接を受ける

書類選考を通ると先方の企業から面接の連絡が来ます。

在職中であれば、現職の職場にも迷惑がかからないように気を付けて日時を決めてください。

また、面接で聞かれることは決まっていますので、しっかりと答えを用意しておきましょう。

5.内定

面接に合格すると内定の通知をもらえます。
在職中の方は直属の上司に退職の意思を伝えて引き継ぎなどの退職準備に入ります。

このときに気をつけたいのは、辞めるからと言って手抜きをしないこと。

印象が悪くなるだけでなく、しっかりと引き継ぎを行っておかないと、退職後に頻繁に連絡が来るようなことになりかねません。

本日のまとめ

退職スケジュールについて最後に注意点があります。
それは、スケジュールは余裕を持って長めに設定するということ。

在職中の会社にも、求人を出している会社にも都合があります。

例えば、退職する会社で大きなプロジェクトが動いているときや新入社員が入社したてのときなどは「少し落ち落ち着くまで待って」とお願されるかもしれません。

また、求人を出している会社も応募が殺到していれば選考に時間がかかったり、年末年始、GW、夏季休暇などがあると選考の進み方はどうしても遅くなります。

最低でも3ヶ月、通常は6ヶ月くらいを目途にスケジュールを立てることをおすすめします!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ