退職後に転職活動をするメリット・デメリット

退職後の転職活動には、時間をかけてじっくりと転職活動ができるなどのメリットがある反面、時間をかけすぎると企業からの印象が悪くなるというデメリットもあります。

転職
しかし、勤めていた会社が倒産したり、突然のリストラで職を失って転職活動をする方もいますので、退職後に転職活動をするメリット・デメリットについてまとめてみました。


スポンサードリンク




退職後に転職活動をするメリット

退職後に転職活動には以下のようなメリットがあります。

  • 時間をかけてじっくりと転職活動ができる
  • 面接や入社日など、先方の都合に合わせられる
  • 急遽人材が欲しい会社とマッチすればすぐに決まることがある
  • ステップアップのための資格取得などに取り組める
  • 会社にばれないようにと気を使う必要がない

現職を持ちながら転職活動をするのは理想ですが、そうでないからと言って悲観的になる必要はありません。

日々、仕事に追われているとじっくりと考える時間が持てないのに対し、仕事がなければ1日を転職活動だけに充てることも可能です。

また、資格取得の勉強をすることなども出来ますので、やり方によっては在職中よりもいい転職活動をすることが出来ます。

退職後に転職活動をするメリット

次は退職後に転職活動をするデメリットです。

  • 収入が途絶えると経済的な負担が大きい
  • 緊張感に欠けダラダラとした日々を過ごしてしまう可能性も
  • 転職先が決まらないと焦りだして悪循環に
  • 転職機関が長いと心証が悪くなる
  • 家族や近所の目が気になって肩身の狭い思いをすることになる

退職後の転職活動のデメリットは、何といっても転職活動が長期化したときに現れます。

例えば、福利厚生のしっかりとしていた会社を退職した場合、しばらくの間は失業手当がもらえますが、だからといって次の仕事が数ヶ月も見つからないような状態は避けなければなりません。

理由は、求人先に働く意欲を疑われてしまう可能性が高いからです。

本日のまとめ

倒産やリストラなどの突然の不可抗力による失業以外は、仕事を辞めてから転職活動をするにしても、在職中に少しづつでも転職準備をしておくべきです。

例えば、在職中に複数の転職サイトに登録しておいて、どのような求人があるのか、自分にあった求人があるかどうかなどを観ておくだけでも全然違いますからね。

最近の転職サイトは、向こうからマッチングしている求人情報をメールで送ってくれますので、利用しない手はありませんよ。

MIIDAS(ミーダス)

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ