6月の梅雨の最中だというのに、この暑さ。

クールビズといいますが、あなたはどんな暑さ対策をしていますか?

スポンサーリンク

クールビズって悩みませんか?

アロハシャツ画像

以前、ハワイ旅行に行った時に聞いたのですが、ハワイではビジネスの時にアロハシャツを着てもOKだとか。

日本もどんどん暑くなってきていますので「法律で半袖半ズボンと決めちゃえばいいのに!」って思うのは私だけでしょうか?

そんなことをしたら夏用のスーツは売れなくなるし、ネクタイ屋さんは死活問題だろうし… まあ、難しいでしょうね。

さて、私は法人営業マン時代に本当に考えました。

「いったい、お客様のところに訪ねていく立場の営業マンのクールビズはどこまで許されるのだろうか…」

美容室のように、仕事着が私服と変わらないような業種や、歯科医院のように制服があるところは例外として、いわゆる企業に訪問すると、まず上着は来ていませんしノーネクタイの方がほとんどでした。

それも、結構な大企業(上場企業)も例外ではありません。

サッカーじゃありませんが、いわゆるホームの時は少しぐらいのラフな格好でもいいというのが定着しつつあります。

「当社はクールビズを推奨しております」みたいな張り紙があることも多いですしね。

法人営業マンとクールビズ

では、訪ねていく側の営業マンの場合はどうでしょう。

私はコンサルティング会社で法人営業をしていたからかもしれませんが、初回訪問の企業に上着無し・ノーネクタイではまずいと思いました。

理由は、礼儀の部分とイメージの部分の2つです。

やはり、初回訪問であまりにラフな格好は失礼でしょうし、半袖ワイシャツにノーネクタイでは、コンサルティング会社の社員としてのデキる社員というイメージは出せませんからね。

ただ、私は超がつくほどの暑がりですし、暑すぎで集中力が緩慢になるのも考えものです。
(暑すぎて何度上着を捨てようと思ったことか!)

そこで、私は実験をしました。

ワイシャツは半袖、しかし、ネクタイはするしお客様の前では上着もきっちり着る。

半袖ワイシャツにするだけでも、移動中に上着を脱げばかなり違います。

うちの会社では、私以外に半袖を来ている社員はほどんどいなかったで、少しでも数字に影響があるのであれば止めるつもりでした。

その結果…

結論から言えば、数字には全く影響はありませんでした。

それからというもの、半袖ワイシャツを着用する社員がちょっと増えた気がします(笑

まとめ

最後に私の見解をまとめると、社内のルールで長袖ワイシャツ着用と決まってしまっているのであれば止めた方がいいですが、お客様に失礼が無い程度のクールビズは問題ないのではないかと思います。

あとは、イメージですかね。

営業は「演出」も重要ですので、私のようなコンサルティング会社の営業マンであればビシッと決めた方がいいでしょうし、クリエイター系の会社の営業マンであれば、ちょっとおしゃれな感じでもいいかもしれませんね。

年々夏は暑くなる一方です!!

熱中症や日射病になって倒れないように、暑さには気を付けて頑張っていきましょうね。