働きながら転職活動をするメリット・デメリット

会社が倒産ししまったなどのどうしようもない理由以外であれば、働きながら転職活動をすることをおすすめします。

理由は、収入源があるので生活を安定させながら転職活動ができるなどのメリットがあるからです。

働きながら転職
しかし、それと同時に転職活動に使える時間が少ないなどのデメリットもありますので、働きながら転職活動をするメリット・デメリットについてまとめてみました。


スポンサードリンク




働きながら転職活動をするメリット

働きながら転職活動をするメリットには以下のようなものがあります。

  • 収入源の確保
  • 現在持っている人脈などが使える
  • 家族などに不安を与えない
  • 世間体を保てる
  • ビジネスの現場に居続けることで、仕事感覚を失わない
  • 転職へのモチベーションが維持しやすい
やはり、一番のメリットは現状の収入源を維持しておけるということでしょう。

転職活動は、あっという間に終わる可能性もあれば、数ヶ月や1年単位の時間がかかることもありますので、収入があることは非常に重要です。

また、収入があることで家族を不安にさせたり迷惑をかけることも無くなりますし、世間体なども保つことができますからね。

通常はやめずに転職活動をした方がいいでしょう。

働きながら転職活動をするデメリット

次は働きながら転職活動をするデメリットです。

  • 転職活動に避ける時間が少ない
  • 現在所属している会社に転職活動がバレる
  • 面接の日程調整等が難しい
  • 引き継ぎなどで、入社日が先になる
  • 収入があるのでゆっくりしてしまい転職先がみつからない

一番デメリットは、転職活動に避ける時間が少ないことです。
普段働いている忙しいい状態の中から、転職活動に充てる時間を捻出するのは大変ですよね。

また、仕事があると日程の調整に苦労します。
面接や入社日などは先方の都合もありますので、日程が合わないがために見つけたいい企業を見送らなければならなくなるかもしれません。

本日のまとめ

働きながら転職活動をする方は、便利な求人サイトを使うと便利です。

求人サイトの中には、自分の情報を登録しておくと、それを見た企業からスカウトの連絡がくるサービスがあります。

せっかく便利な時代ですから、転職活動もPCやスマホ、転職サイトなどITを利用して効率よくすすめましょう!

MIIDAS(ミーダス)
Switch.


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ