3種類の部下の褒め方・励まし方

ひと昔前に人気だったスポ根もののドラマがすっかり姿を消したように、今の時代は「褒めて伸ばす」が正解のように言われています。

ただ、この褒め方にも種類があり、選択を間違えると逆効果になってしまいます。

褒める

そこで、3種類の部下の褒め方・励まし方についてお送りします!


スポンサードリンク




部下の背中を押す「頑張れ!」

何といっても、一番オーソドックスな励まし方はストレートに「頑張れ!」と言ってあげることです。
部下は上司に自分のことを気にかけてもらうと嬉しいものですからね。

勇気が出ないときや躊躇しているようなときに「頑張れ!」と背中を押してあげると、部下に勇気を与えます。

但し、完全に心が折れているような部下に「頑張れ!」というと、逆に追い込んでしまいますので注意してください。

既に頑張っている部下への「頑張ってるじゃん!」

さて、ちょっと考えて欲しいのですが、自分なりにめいいっぱい頑張っているところに上司から「頑張れよ!」と言われたらどうですか?

実際に言われてたことがある方は判ると思いますが、「言われなくても頑張ってるよ!」とか「これ以上どうやって頑張れっちゅーねん」って思うものです。

ですから、部下が能力の限界近くまで既に頑張っているときには「頑張ってるじゃん!」と現状の頑張りを認めるような励ましや褒め方が有効です。

最上級レベルの「無理しすぎるなよ」

さて、「頑張れ!」や「頑張ってるじゃん!」よりも上をいく最上級の部下の褒め方・励まし方が「無理しすぎるなよ」です。

例えば…

あなたが夜遅くまでオフィスで残業していたとします。

そこへ上司が缶コーヒーを持ってやってきて、「ほどほどにな。無理して体壊したりするなよ」なんて言われたらどうですか?

「一生ついていきます!」って思いませんか?(笑

「頑張れ!」や「頑張ってるじゃん!」と違うのは、部下の体調にまで配慮した言葉だということです。

本日のまとめ

人間というのはたった一言で救われたり元気が出たりしますので、人の上に立つマネージャーは常に自分が部下にかける言葉が適切か、どのような影響があるかを考える必要があります。

ただ、もともと営業マンをやっていたマネージャーであれば、適切な言葉のチョイスは出来ると思います。

上手に励ましたり褒めて、部下を伸ばしてあげましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ