家計の固定費を見直して貯蓄を増やす方法

お金を貯めるといっても、収入を増やすのは難しいですよね。

アベノミクス効果で公務員のボーナス増額や大企業がベースアップしたなどというニュースを聞きますが、それだっていつまで続くか判りません。

そもそも、中小企業の方であれば、昇給なし、ボーナスなしの会社も多いです。

貯金のイメージ

そうなると、お金を貯める方法としては家計の固定費を見直して支出を少なくする方が確実です。

但し、ひもじい思いをするような節約は長続きしませんので、そうでない方法をお教えします!


スポンサードリンク




節約して貯金に回せる家計の固定費とその方法

では、さっそくですが節約して貯金にまわせる固定費とその削減方法について解説しますね。

新聞代の見直し

ビジネスマンの中で新聞を購読している方は多いですよね。
特に日経新聞を毎日読むのはビジネス上欠かせないという方も多いのではないでしょうか。

新聞

そこで、新聞を取らなくても情報は得られる方法をお教えします。

削減効果
年間:54108円(日経新聞の朝・夕刊セット版の月額料金4509円×12ヶ月分)

見直しの方法
証券会社(大和証券 丸三証券、楽天証券のいずれか)の口座を解説すると日経テレコン21という情報ツールに無料でアクセスできます。

※ 日経テレコン21には日経新聞や日経MJの記事が掲載されてます
※ 楽天証券は取引条件があります

口座開設だけであれば無料ですのでお金はかかりません。
従って、今まで支払っていた新聞の購読料金が節約できます。

スマホ代の見直し

DoCoMo、au、softbankの3大キャリアのスマホ料金は、プランによって多少の違いはありますが、約6500円の通信料を毎月支払っています。

スマホ

この通信料を機種変更することで削減します。

見直しの方法
ご存知の方も多いと思いますが、格安スマホに乗り換えることで大幅に月額料金負担を下げることが可能です。

例えば、ワイモバイルのスマイルプランSはかけ放題で月額2980円というコースがありますので、大手キャリアの月額6500円と比較すると月額で3520円、年間で42240円の通信費の節約になります。(2015年12月現在のスマホプランSの場合の料金です)

Y!mobileオンラインストア

スマホは通話が中心でデータ通信はあまりしない方、どうしてもiPhoneでなければならないという方以外は高い料金を払い続けるのは無駄です。

他に以下のような格安スマホサービスがありますので、自分にあったプランがあるところを選ぶようにするといいでしょう。

話題の格安スマホ!So-net モバイル LTE スマホセット2480
月額1000円で使えるTSUTAYAのスマホ 【TONE】

クレジットカードの年会費の見直し

クレジットカードにもよりますが、年会費1000円のカードを複数枚所有していれば枚数分無駄なお金がかかります。

クレジットカード

ですので、年会費無料のクレジットカードに変えてしまうことで、無駄な支出が無くなります。

削減効果
年会費×カード所有枚数

見直しの方法
年会費が無料で審査が通りやすいカードとして人気なのが楽天カードです。

また、年会費がかかるクレジットカード複数枚で分けて引落しになっている場合、楽天カードに1本化すればポイントが溜まりますので、使えば使うほど実質プラスになってお得です。

保険の見直し

生命保険、医療保険、自動車保険など、複数の保険に加入している方も多いですが、こんな事実は知っていますか?

保険

保険のプロほど(無駄な)保険には入りません。
(驚くほど少ない保険しか加入しないことが多い)

実は、保険の営業マンにすすめられるまま契約して余計な保険料を支払い続けている方は多いんですね。

ですので、生命保険を収入保障型にする、自動車保険は外資系を含めて検討し直すなどで月額の保険料負担を減らすことが出来ます。

見直しの方法
幸いなことに、今はどの保険会社にも所属していないファイナンシャルプランナーが相談にのってくれる【保険の森】のようなサービスがあります。


削減して負担が減ればいいという単純なものではないので、プロに無料で相談するのはいい方法です。

本日のまとめ

貯蓄を増やす方法は、収入を増やすことよりも、無駄な出費を無くすことの方が手っ取り早いですし確実です。今回子紹介した内容であれば、食事を大幅に削るのとは違って、簡単に見直せますからね。

その他にも電気代や水道代、ガス代(プロパンガス)の削減などの家計の固定費の見直し方法もありますが、長くなるので別の機会に紹介しますね。

どうしても気になる方は、以下のような無料適性診断サービスを使うといいですよ!

プロパンガス料金の適正価格診断


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ