クロージングで粘るなんて今すぐ辞めた方がいいですよ

契約書画像

質問です!「あなたは、クロージングをかけて、相手が契約してくれるまで永遠と粘り続ける事ができますか?」

えっ!?私ですか? ハッキリ言って私にはそんな勇気はありません…


スポンサードリンク




意外でしたか!?

「クロージングのコツは契約するまで帰って来ない事だ!!」 こんな一昔前の精神論みたいな事を言うつもりは全くありません。

だって、逆の立場で考えてみたら迷惑甚だしくないですか??

私は、そんな事までしてトップセールスになろうと思った事は1度もありません。



「甘い」と思われた方もいると思いますが、私が約20年間もの長い間営業一筋でやってこれたのは、「正しく売る」という軸を守り続けたからだと思っています。

よく考えて欲しいんです。

営業マンの最大の喜びは「契約」であり、お客様が納得して契約してくれる事です。



たとえ契約が取れて、歩合給がアップしたとしても、無理やり売りつけたり、誤魔化しがあるような契約では後味が悪く、いずれ営業マンを疲弊させます。

それに、「押し売り」みたいなことをした過去の営業マン達の影響で、世の中の営業に対する風当たりがきついんですよ。。。



そこで私が考えたのが、「どうすればお客様がすんなりと納得して契約してくれるか?」という事でした。

私は、今までの営業人生で数えきれないほどの新人営業マンや売れない営業マンを同行させて現場を見せた事があります。

誰かがついてくると気合が入るからでしょうか?

あまり外した記憶が無いのですが、それでもパーフェクトではありません。



当然はずすデモも出てきます。

そんな時に決まって言われるのが「意外でした」という感想でした。



トップセールスマンは現場でもっと粘ってると思っているみたいなんです。

もちろん、そういう営業マンもいますが、私はそういうスタイルの営業が好きではありません。



そこで、すんなり契約を追及して出来たのが「導入前提テスクロ」です。

クロージングが決まらない人は何度でも読んで理解してください。




最後に。

「粘らない」というのは、アポやデモを軽く見ている訳ではありませんし、営業の手を抜くという意味ではありません。

お客様に気持ちよくすんなり契約してもらう為の営業方法の追求です。



逆に言えば、すんなり契約して頂くためには、クオリティーの高いデモを打つ必要がありますので、粘るよりもやる事は沢山あります。



けっして楽な事ではありませんので誤解の無いように。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ