質問があります!

「あなたは、クロージングをかけて相手が契約してくれるまで永遠と粘り続ける事ができますか?」

えっ!
私ですか?

ハッキリ言って私にはそんな勇気はありません…

スポンサーリンク

クロージングで粘っていいことなんて1つもない

粘る押し売り

意外でしたか!?

「クロージングのコツは契約するまで帰って来ないことだ!」
こんな一昔前の精神論みたいな事を言うつもりは全くありません。

だって、逆の立場で考えてみたら迷惑甚だしくないですか??
私は、そんなことまでしてトップセールスになろうと思ったことは1度もありません。

「甘い」と思われた方もいると思いますが、私が約20年間もの長い間営業一筋でやってこれたのは「正しく売る」という軸をブラすことなく守り続けたからです。

よく考えてみてください。
営業マンの最大の喜びは「契約」であり、お客様が納得して契約してくれることです。

たとえ契約が取れて歩合給がアップしたとしても、無理やり売りつけたり誤魔化しがあるような契約では後味が悪いので、遅かれ早かれ営業マンを疲弊させます。

それに「押し売り」みたいなことをした過去の営業マン達の影響で、世の中の営業に対する風当たりがきついんですよ。

本当に迷惑この上ない。

目指すはすんなり契約

そこで私が考えたのが「どうすればお客様がすんなりと納得して契約してくれるか?」ということでした。

私は今までの営業人生で、数えきれないほどの新人営業マンや売れない営業マンを同行させて現場を見せたことがあります。

誰かがついてくると気合が入るからでしょうか?
外した記憶がほとんど無いのですが、それでもパーフェクトではありません。

当然はずすデモも出てきます。
そんな時に決まって言われるのが「意外でした」という感想でした。

トップセールスマンは現場でもっと粘ってると思っているみたいなんです。
もちろん、そういう営業マンもいますが私はそういうスタイルの営業が好きではありません。

そこで、すんなり契約を追及して出来たのが「導入前提テスクロ」です。
クロージングが決まらない人は何度でも読んで理解してください。



最後に

「粘らない」というのは、アポやデモを軽く見ている訳ではありませんし、営業の手を抜くという意味ではありません。

お客様に気持ちよくすんなり契約してもらうための営業方法の追求です。

逆に言えば、すんなり契約して頂くためにはクオリティーの高いデモを打つ必要がありますので、粘るよりもやることは沢山ありますし、レベルの高いデモを打つ必要があります。

けっして楽なことではありませんので誤解のないように。