ホリエモンの飛込み営業の相談に対する回答が笑える

OA機器の営業マンが飛込み営業に対する質問をしたのに対するホリエモンの回答が笑えたのでご紹介します。

「特技を作って夜の店で経営者と仲良くなれ!」

いや~、遠回りでしょ、これ(笑

夜のバー

参考になるかどうかは別として、営業をやっている人間であれば笑えると思いいますので、ユーチューブ動画を含めてご紹介します。


スポンサードリンク




堀江貴文のQ&A vol.565〜◯◯営業は無駄!?〜【ホリエモンチャンネルより】

まず、最初にその動画を見てください。
(全体で約6分の動画ですが、営業とは関係の無い会話を除けば3分程度の内容です)

【参考】堀江貴文のQ&A vol.565〜◯◯営業は無駄!?〜 – YouTube

この動画は、メインの商材がOA機器の会社の営業に配属された新卒営業マンが「断られてしまうことが多い」「どうしたら決裁者に取り次いでもらえるか」という質問にホリエモンが回答しています。

「エグザイル並にダンスが上手くなって夜の店に来ている経営者と仲良くなったら」みたいな回答には笑っちゃいました。

あと、ホリエモンの横にいる小田吉男さんが「いまどき飛込み営業なんて」みたいなこと言ってるけど、質問に対する答えになってない(笑

挙句の果てには「何でこんな会社に就職しちゃったんだろうね」のような全否定。

まともに質問に答えないものどうかと思うけど、この新卒の営業マンは質問する相手を完全に間違えとるな…

売れない営業マンは、そもそも夜の街に出たってつまらない

そうだ、別にホリエモン批判ではないので最初に言っておきます。
どちらかといえば、堀江貴文さんは好きですし。

さて、その上で否定的な内容にはなってしまいますが、私が思うに、夜の街で持っている一芸を披露し、経営者を喜ばせて契約を取れるようなタイプは、普通に営業活動していても成績残すようなタイプだよね(笑

まったくもって的外れなアドバイス。

もちろん、ホリエモンが言っているように保険営業などの世界では、そういうプライベートから人間関係を構築して結果を残しているタイプもいますが、接待や飲みの席なんてゼロでもコピー機くらいおけるっちゅーの。

でも、私個人的にも法人への飛込み営業が効率がいいとは思いませんよ。

本日のまとめ

動画内で「何でもネットで調べられる」という話がありましたが、ネットを使わない世代やそもそもじっくり調べている時間がない人も多いわけで。

私が当ブログ内で良く言う「歯科医院」「学習塾」「飲食店」「ヘアサロン」など、1店舗~数店舗位の規模までは経営者が現場に立つ業種の場合、日々の業務に追われていますから、何から何まで調べてたら寝る時間が無くなります。

特に、OA機器は新店狙いが一番簡単ですので、立上げのバタバタしたときにコピー機のことを30分も1時間も調べる人はまずいません。

あとは、税理士の顧客を獲得して、顧問先を紹介してもらうなどもいいでしょう。
(スタートアップの企業との接点がありますからね)

きりがないのでこの辺でやめときますが、夜の街で披露できる一芸を身につけるよりは簡単な方法はいくらでもあります。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ