営業マンは万人受けを狙う前に、キャラを立たせる方が先【営業のコツ】

営業マンであれば、出来るだけ嫌われたり不快に思われないように努力しますよね。

髪形、服装、言動やマナーなどに気を付けるのも、これが原因です。

キャラクター

ただ、最初から万人受けを狙っている営業マンよりも、強烈なキャラが立っている営業マンの方が売れる傾向があるんですよね。

今回はその理由についてお話しします。


スポンサードリンク




いい人はビジネスでも恋愛でもモテません

「いい人だよね~」
恋愛においてこれって褒め言葉ではないことが多いのは、みなさんがよく知っていること。

「めっちゃ面白い!」
「もの凄くバイタリティーがある!」
「とても自信を感じる!」

何か特徴がある人(キャラが立っている人)には、必ずそういう人が好きな人が現れます。

実はこれ、ビジネスでも同じことが言えるんですよ。

「私は〇〇な営業マンだ!」っていう個性はありますか?

では、キャラが立っているかどうかを判断する簡単な方法をお教えします。

それは、あなたに「私は〇〇な営業マンだ!」って言えるものがあるかどうか。
じっくり考えなければ思いつかないようであれば、それは無いのと一緒です。


そうそう、過去に私は「白井さんって刃物のような切れ味がありますよね!」と言われたことがあります。

多分、どんな大物社長相手でもズバッと一刀両断するようなトークを使うので、私の物言いを現場で見たことがあるとそう思うのでしょう。

「バッサリ営業術って本を書いたらどうですか?」って言われたこともあります。
ネーミングがダサいので、書く気になれませんでしたが(笑


これは、私の例ですが自他ともに認める「〇〇な営業マンだ!」をまずは目指すようにしましょう!

〇〇な営業マンになるためのヒント

ただ、「そんなこと急に言われてもな…」って方も多いと思いますので、ヒントを差し上げます。

それは、常識に囚われたり無理したりせずに、本来の自分に近いキャラを探すこと。

私の場合は、プライベートでも社交辞令や建前が嫌いなので、営業マンとして仕事をするときもストレートにものをいうようにしているだけです。

もし、「使えそうなキャラが無いな…」と言うのであれば、どんなときの自分が輝いているか、もしくは、周りから評判がいいかを考えてみてください。


ひとつ例をあげますが、昨今の営業の世界では「聞くこと」の重要性ばかりが目立ちますが、あなたの話し方に魅力や説得力があるのであれば、「おしゃべり営業マン」というキャラでガンガン行けばいいんですよ。

営業の正解は「売ること」であって、「話を聞くこと」ではありません。
(但し、何も聞かずにお客さまのためにならないものを売るのは違いますよ)


実際、私は過去に天才セールスマンの商談している録音テープを極秘で入手して聞いたときに、驚いたことがありました。

それは、そのトップセールスマンの話スピードがめちゃくちゃ速かったんです!
多分、あなたが想像しているスピードの1.5倍から2倍の速さ。
「嘘だろ!?」って言葉が見つからなかったくらいですからね。

もちろん、ほかの人が真似をして売れるかと言えば難しいと思いますが、彼にはそれがベストなキャラだったのでしょう。

本日のまとめ

営業マンとして万人受けを狙うのは、実はレベルの高いことなんです。

だって、私生活で万人受けであれば、当たり障りがない言動を心掛けるだけでいいですが、営業では契約を取らなければならないですからね。

「私は〇〇な営業マンだ!」

一日も早く確立するようにしてください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ