40代で不安や衰えを感じているビジネスマンに言いたいこと

40才を超えると例外なく考えることに、衰えや不安があります。

実際は若いときからのさまざまな経験を通して、いろいろな意味で成長しているはずだし、正しい判断や物事の分別も出来るようになっているのに漠然とした不安を感じるのが40代です。

ad1c226dcc1e771366be7b6c075bd256_s

でも、人生が80年だとすると(日本人男性の平均年齢)、残り40年も残っているので、今から衰えや不安を感じていたら残るの半分は暗い人生になってしまいますよね。

そこで、自分自身も40代になって感じたことなどを踏まえ、いろいろと考えてみました。


スポンサードリンク




40代になると不安や衰えを感じる原因

まず、自分自身や周りの40代の方を見ていて感じる原因についていくつかあげてみます。

体力的な衰え

まず、一番大きな要因は体力的な衰えです。

私の場合で言えば、20代後半のときに1度「10代の頃とは違うな(体力落ちたな)」と感じたのですが、その後の30代は勢いであっという間に終わってしまい、40を過ぎた時点で「もう一段、体力が落ちたな」と感じています。

こういう方多いんじゃないかな~。

徹夜なんてとんでもない(笑
そもそも自然に朝目が覚めますから意識しなくても規則正しい生活になるんですけどね。

老化

次に、40代を超えて初めて感じるものに老化があります。
白髪が増えたり、四十肩で手があげられないとか、いろいろな老化現象が出てきます。

私の場合は、老眼ですかね。
スマホやPCを長時間みている影響もあると思いますが、ピントが合わなくなりました。

病気(健康状態の悪化)

これは人それぞれですが、私や私の周りの方々をみていると、40代を超えたあたりで何かしらの病気など健康面での不安を抱えるようになっています。

健康診断の結果で、血中コレステロール値、尿酸値、血糖値などに一喜一憂している方も多いのではないでしょうか。

そういう私も、血中コレステロール値は以前から高めですし、最近は尿酸値も上がってきたので注意しているところです。

ストレス

40代になると、体の衰えだけではありません。
精神面のストレスも一番多い年齢ではないでしょうか。

職場では中間管理職という立場で、上司と部下の板挟みにあって悩んでいる方も多いですからね。

また、結婚して子供がある程度大きくなると、お金がかかるようになりますので家計に余裕がなくなります。
お小遣いに余裕のないお父さんって本当に多いですよね。

更に、早ければ親がボケてしまったり、介護が必要になったりする可能性もあります。

仕事にプライベートにいろいろと気が休まらないのが40代なのです。

40代は大きな分岐点

人生80年の折り返し。
40代は間違いなく人生の大きな分岐点です。


少し私の話をさせてください。

実は私の両親は既に他界してしまってこの世にいません。
父は私が40才のときに自殺、母は41才のときに肺がんで亡くなりました。

上記で話した通り、40代は体力の衰えや仕事のストレスなどが多いのに、両親の死が連続したのです。
(正確に言うと、この時期に父方の祖父と母方の祖母も亡くなりました)

ハッキリ言って凹みましたね。

私は自分で言うのも何ですが、ハートは強い方だと思っていましたが、うまくいかないことや不幸が重なりすぎて、ポキッと音を立てて心が折れました。

そして、判ったことがあるのですが、若いときと比べて精神的にやられると立ち直るまでに時間がかかるんですよ。今はこうしてブログに書けるくらいですから立ち直りましたが、一時は廃人のようになってしまった経験をしました。


私の40代の折り返しは、こんな感じでブレーキがかかった状態でしたが、いろいろと考えて言えることは40代の折り返しをどう捉えたり、そんなふうに考えるかで残り半分の人生は大きく変わります。

ですから、走り続けるのもいいですが、忙しい日常から離れて今後の人生について考える時間を取りましょう。

40代の不安や衰えを払拭する方法

重たい話を続けてもしょうがないので、ここからは40代の不安や衰えを払拭する方法について考えてみましょう。

健全な精神は健全な肉体に宿る

健全な精神は健全な肉体に宿るっていいうじゃないですか!
(この言葉を残したユウェナリスの本意は違いますが)

体が資本という言葉もありますが本当ですよね。
風邪ひいてちょっと具合が悪いだけでも仕事が捗らなくなるのが人間ですから。

ですから、何よりも優先して体力作りや健康面に気をつけるようにしましょう。

ちなみに、私は行政が運営しているスポーツジムで筋トレと有酸素運動を週に2~3回しています。
(ここ2ヶ月は交通事故の後遺症が痛むのでお休みしていますが…)

体力アップはメタボ予防になるだけではなく、免疫力アップにもつながるので一石二鳥です!

「忙しくて無理」というのであれば、自宅から駅までの自転車を徒歩に変えるとか、エスカレーターを使わずに階段を使うとか、自宅で出来る体幹トレーニングをするとか、工夫次第でできることはいくらでもあります。

運動はやれば必ず結果がついてきますよ!

くよくよ考えるのをやめる

「当たり前のことを言うな」って言わないでくださいね(笑
一度、ポキッと心が折れるまで悩んだ経験から本気でそう思うようになりました。

例えば、40代くらいで老後の不安を抱えている人も多いと思うんですよ。

「親に介護が必要になったら仕事を続けられなくなるかも…」

でも、縁起でもないことですが、私のように両親に介護が必要になる前にいなくなってしまう可能性だってありますよね。

「このまま、独身だと孤独死が待っているのかな…」

でも、結婚しても1/3は離婚する時代ですし、冷え切った夫婦も沢山います。
また、子供がいたら子育てやそれにかかるお金も膨大です。
いい子に育つ保証もないですからね。


何が言いたいのかと言うと、未来予測なんかしてもしょうがないということです。
だったら、くよくよ考えない方がいいと思いませんか?

無計画な人生や無謀な生き方を奨励するわけではありませんが、ハッキリ言って未来予想通りにはなりませんから。

変化を受け入れる

私個人的には、年を重ねることは素敵なことだと思っています。
若い人には若い人の魅力がありますが、歳を重ねた人には歳を重ねた人の魅力がありますからね。

もちろん、体力作りや若作りが悪いとは言いませんが、どうしても追いつきません。
そうしたら、受け入れたらいいんですよ。

そうそう、かなり前の話ですが、こんなことを言っている女性がいました
「男は腹が出てからが本当の男だ」

歳を重ねていくというのは、悪いことばかりじゃありません。

新しいことにチャレンジし続ける

40代の方に気を付けて欲しいのは、毎日が同じことの繰り返しの連続になっていないかということです。
仕事をしたり家庭を守るためには、決まったルーティンが必要になりますからね。

これはどこかで読んだのですが、30才を超えると新しい音楽を聞かなくなるらしいですよ。
(思い当たるな…)

ですから、常に読書をする、新しい音楽や違うジャンルの映画を見る、楽器を習う、英語を勉強するなど、何でもいいので楽しみながら新しいことにチャレンジする必要があります。

新しいことにチャレンジすれば、老いる一方の40代にはならないと思いませんか?

本日のまとめ

不幸自慢をしてもしょうがないですが、40才になった頃に1度どん底を経験した私が言うのですから間違いありません。

衰えや不安を感じている暇があったら、40代を楽しみましょう!

まだ、半分も人生が残っているのですから!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ