「よし、今日は仕事は中止!」というマネージメントが出来ますか?

営業会社でマネージャーをしていると、不思議なくらい売上が上がらないことがあります。

一部の営業マンのスランプだけでなく、営業部全体として売り上げが上がらない状態になったとき、あなたならどうしますか?

社員のボーリング大会

こういうときに、社長や役員などの顔色を伺ったり、自分の保身のために部下を締めあげるようなマネジメントばかりしてはいけません。

たまには「今日は仕事は中止!」みたいなマネジメントも必要です。「


スポンサードリンク




流れが悪いときは必ずある

どんなに偉大な経営者でも、どんなに優秀なトップセールスマンでも、何をやってもサッパリ駄目というスランプのような経験をしたことがあるはずです。

私は比較的売り続けてきた部類に入りますが、それでもスランプを何度か経験していますからね。

めちゃくちゃ調子が悪いときに「どうしたんだ?何が原因なんだ?」と聞かれて「正直言って、原因が全く解りません」と言ってしまったこともあります(笑

そして、これは個人だけでなく、組織全体の流れが悪くなることもあるんですね。

そういう組織は、ずっと締め切った家の中のように空気がどんよりと淀んでいますので、すぐに判ります。

マネージャーは自分の保身に走ってはいけない

マネージャーと言うのは、組織の売り上げに対しても責任を負っていますので、全体的に売り上げが悪くなると営業マンを締めあげにかかります。

連日連夜のお説教やいじめ同様のロープレ…

お説教が悪いとかロープレが悪いとは言いませんが、その動機のほとんどが自分の保身の為であることが多いんですよね。

「このままでは降格してしまう」
腹の中でこんな自分の立場のことしか考えていないマネージャーが本当に多いですから。

でも、そういうものは部下たちに伝わりますから、面従腹背しているだけでシラケているのが現実です。

どうしようも無いときは遊んじゃえ!

私は自分が部下のとき、自分がマネージャーのときに何度か「今日は業務禁止!」という経験をしています。

何をやっても駄目そうなときは、1日くらい休んだって結果は変わりませんからね。
所謂、ガス抜きってやつです。

「社長、今日営業部は午前であがってボーリングに行ってきます!」

こう言ったら苦笑いされるかもしれませんが、あなたはマネージャーとして営業部を任されているわけですから、最終的に責任を取れる覚悟があったら、多少は遊びがあったっていいじゃないですか。

「でも、うちの会社は土日にバーベキューをしたり、遊びも取り入れてますけど…」

こんなマネージャーに忠告したいのは、休日返上で集まるのはバーベキューであったとしても仕事です。

これも、悪いことではありませんが、「せっかくの休みは家族サービスしたいな」「彼女とデートしたかったのに…」という部下がいるかもしれないことを考慮しなくてはいけません。

本日のまとめ

部下の人生を背負うマネジャーは、自分の保身ばかり考えてるようではいけません。

保身を考えているマネージャーほど失脚するのが早いものです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ