マイナンバーについて知っておくべきこと

2016年1月からマイナンバーがスタートするにあたり、2015年の10月中旬からマイナンバーの通知カードが届きます。

マイナンバーカード

ただ、マイナンバーは便利になるだけでなく、いろいろと問題もありますので、今のうちに知っておおくべきことをまとめてみました。


スポンサードリンク




マイナンバーとは

「そもそもマイナンバーって何?」とか「今更マイナンバーを作る意味は?」という疑問を持っている方も多いと思いますので、簡単に解説します!

1.マイナンバーは12桁の個人番号

2016年1月からスタートする制度マイナンバーとは、国民ひとりひとりに割り振られる12桁の番号のことを差します。

基本的には一度割り振られた番号は一生使うことになりますが、何らかの不正があったときや、また漏えいなどでその恐れがあるときは変更できるようです。

2.マイナンバーの目的

マイナンバー制度の導入には、以下の3つの目的があります。

  1. 行政の効率化
  2. 国民の利便性の向上
  3. 公平・公正な社会の実現
それぞれもう少し解説しますね!

1.行政の効率化
今までは、それぞれの行政機関がそれぞれの方法でさまざまな情報を管理していましたが、マイナンバーに統一することで、情報の照合や転記などの、入力などの労力を軽減し時間の短縮が図れます。

簡単に言えば、行政の無駄が無くなるということですね。

2.国民の利便性の向上
例えば、これまでは身分証明書というと運転免許証や保険証など、人それぞれさまざまなものを使っていましたが、マイナンバーに統一することで本人確認が容易になります。それが添付書類の削減などに繋がり、行政手続きの簡素化や国民の負担軽減に繋がります。

もちろん、運転免許証や保険証が身分証明書として使えなくなるということではないと思いますが、今後はマイナンバーカードを身分証として使う機会が増えるのではないかと予想できます。

3.公平・公正な社会の実現
全ての情報がマイナンバーに紐づけられることで、所得や納税、生活保護の受給状況などが把握しやすくなります。それにより、脱税や生活保護などの不正受給などの防止がしやすくなります。

マイナンバー制度対策

さて、ここまでは大義名分と言うか建前というか、どこにでも書いてある情報ですが、マイナンバーを割り振られる国民として対策すべきことや気を付けるべき点がありますので、まとめてみました。

マイナンバーは便利だか紛失したらアウト

マイナンバー制度は非常に便利ですが、紛失したときにはうっかりでは済まされません。

もちろんマイナンバーカードにはICチップや個人の顔写真などがありますが、似ている人に悪用(なりすまし)されたら、マイナンバーカードで借金などをされるリスクがあります。

会社への副業・アルバイトがバレる

マイナンバーの提示を拒否することは現時点では不可能ではありませんが、今後会社の就業規則に「マイナンバーの提示」を盛り込む会社は増えるでしょう。

そうなると、困るのが副業やアルバイトをしている社員です。

日本テレビが銀座のホステスのアルバイト経験のある入社希望女性の内定を取り消して訴訟になったという騒動がありましたが、こんなことがあちこちの会社でおこる可能性があります。

理由としては、マイナンバー制度によって、確定申告しているかどうかを税務署が把握しやすくなるだけでなく、副業やアルバイトで得た収入と会社の収入を合算した住民税の金額が税務署から会社に伝えられるので、他の社員と比較して住民税比率が明らかに高い社員は給与以外に収入があると、すぐに判ってしまうからです。

へそくりがバレる

今後の話ですが、金融機関は新規口座とマイナンバーを紐づける方向へ進むでしょうし、現状の口座をマイナンバーと紐づける方向にすすむ可能性もあります。(反対する国民は多いと思いますが…)

そうなると、旦那に内緒にしていた隠し口座のへそくりが発覚し、夫婦間でトラブルになる可能性があります。

脱税で捕まる人が続出

今まではアルバイトで水商売をしていても確定申告していなかったり、扶養控除を受けるために妻の所得を少なくごまかすなどしている人は脱税で捕まることになります。

全ての収入に対してマイナンバーが紐づけられて、税務署が国民一人一人の所得を完璧に把握することができるようになるからです。

本日のまとめ

マイナンバーについていろいろ書きましたが、会社に内緒で副業をしているとか、副業やアルバイトで副収入があるのに確定申告をしていないなど、悪いことをしていない人にとってはメリットの方が多い制度です。

また、払うべき税金を支払っていない人や、支給されるべきではないのに生活保護を受けている人などが発覚すれば、公平な世の中に近づくことになるので、個人的には大賛成です。

ただ、どんなに気を付けてもハッキングに寄る情報漏えいなどが後を絶たない時代ですので、セキュリティーには念には念を入れて運用してもらいたいものですが…

企業に求められる対応をやさしく解説マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本
by カエレバ

みんなが知りたかった! マイナンバーで損する人 得する人 (みんなが知りたかった! シリーズ)
by カエレバ


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ