お願い営業や御用聞き営業が好まれない本当の理由をお教えします!

お願い営業とか御用聞き営業っていう言葉があり、一般的にはトップセールスマンでお願いや御用聞きをしている営業パーソンはいません。

御用聞き営業のイメージ

では、質問です!
何故、お願い営業や御用聞き営業はあまり好かれないのでしょうか?

「お願いしようがしまいが売れればOK」とか「プライドを捨ててお願いすることが出来る営業マンは素晴らしい」「御用聞きの労力を考えろ!」って思う営業パーソンもいると思います。

ただ、営業マンが顧客にお願するという行為を深堀して考えると、そこにはいけない理由があるんです。


スポンサードリンク




営業の本質はお願いすることではない

「社長、お願します!ご契約ください!!」
「今、少々お時間を頂いてもよろしいでしょうか?」

こんな感じで、アポの相手や商談相手にお願したことってありませんか?

えっ!?私ですか?
「そんなこと1度もありません」って言いたいところですが、やっぱりあります(笑

そこら辺の営業マンに比べればお願したことは本当に少ないですが、めちゃくちゃスランプのときと、「お願いしたら契約が取れるんだろうか…?」って思ったときに実験的に試してみたことがあります。

結果としては、契約になったりならなかったりでしたが、振り返って考えるとお願いしたから劇的に成約率が上がるということはないですね。


ただ、契約云々の前に営業に携わる人は、営業の本質についてちゃんと考えてもらいたいです。

結論から言えば、営業の本質は、商品やサービスを購入したり導入するメリットとお金の等価交換です。

当たり前のことですが、日々の営業活動の中で、これを忘れてしまっている人がほとんどなんですよ。


お願いという行為は、営業マンの一方的な都合であって、顧客にとっては関係ありません。

「この契約が取れないと、私はクビになっちゃうんですよ!」

こんなことを言う営業マンはいないと信じたいですが、私がお客さまならこう言います。

「あなたが大変な状況なのは解るけど、だからと言って必要ないものは要らないよ」

ね、ここまで説明するとお願することは筋違いだって感じますよね。

御用聞きに100%徹することは不可能

次は御用聞き営業についてですが、これも正直言って好かれません。
何故なら、御用聞きと言いながら隙あれば売ろうと考えているのが営業マンだからです。

別にそれが悪いわけじゃないんですよ。
ビジネスは利益を上げてナンボですから、売ろうとすること自体は悪くないです。

ただ、お客さまは敏感なので「御用聞きです!」っていう営業マンの腹の中はミエミエということは知っておいてください。


例えば、どことは言いませんが、保険会社のCMで外交員がお客さまのお宅を訪問して契約内容を確認するっていうのがあるじゃないですか。

あれどう思います?
100%契約内容の確認だけでやっていると思いますか?

当然ですが、外交員が訪問する口実を作って、保険の切り替えや紹介を狙っているわけです。

ね、心にもない御用聞きはやめましょう。

本日のまとめ

お願いするのではなく、お客さまにメリットを提案できる営業マン
心にもない御用聞きではなく、しっかりとした顧客フォローをする営業マン

こういう営業マンが顧客からの信頼を得られるのです!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ