結婚で後悔したくないなら、条件やタイミングに拘わるべきではない

結婚で後悔したくないなら、条件を気にしたりタイミングを計っていてはいけません。
結婚前に拘れば拘るほど、残念ながら幸せになれる可能性は低くなってしまいます。

幸せな結婚とは

私と同世代の福山雅治さんが吹石一恵さんと結婚したというニュースがあったので、今日は結婚を考えている皆さんに、自分の経験や周りの結婚経験者から聞いた話などを参考に、結婚について真剣にお話しします。


スポンサードリンク




結婚はゴールではなくスタート

「そんなこと、言われなくても判ってるから!」
まぁ、そう言わずに少しお付き合いください。

私も周りの既婚者もそうですが、独身のときは「結婚したいな」とか「結婚できるかな…」と思うんですよね。

男性であれば、「自分は稼ぎも悪いから結婚なんて出来ないよ」って思っているかもしれませんし、女性であれば「親もうるさいし、30くらいまでには結婚したいな」って考えているかもしれません。

ただ、結婚は相手のあることですから、自分だけ頑張ったところで出来るものではないですからね。

ですから、一つ屋根の下暮らしいこうと思える相手が見つかって結婚すると、一種の達成感のようなものがありますからゴールした感覚にどうしてもなってしまうんですよ。

ところが、結婚前よりも結婚後の方がずっと大変なことが現実は多い。

我慢や妥協も必要ですし、育児や年老いていく親の介護など、独身のときとは違っていろいろと二人で力をあわせて乗り越えていかなければならないことが次々に起こります。


あと、ゴールと思うから男性は結婚のタイミングを考えてしまいますし、女性は相手の男性の年収などの条件が気になるわけです。

しかし、どんなにいいタイミングで結婚しようが、どんなに好条件な相手を見つけようが幸せになれるかどうかは判りませんし、どちらかと言えば、条件の整いすぎた結婚をすればするほど結婚後に不幸になる確率があがります。

最高潮の結婚後の下り坂

では、仮にめちゃくちゃイケメンで性格も優しく、高学歴、高収入で育ちもいい。
こんな男性とめでたくゴールイン出来たとしましょう。

「本当にいい人と結婚できて良かったね。おめでとー!」と、親兄弟、親戚、恩師、友人・知人など全ての人がお世辞抜きで祝福してくれています。

ただ、結婚後にこんなことが起きたらどうですか?

  • イケメンの彼氏が激太りした
  • 優しかった彼氏が全然かまってくれなくなった
  • 勤めている会社の経営悪化で、年収が半分になった
  • 彼氏の母親(姑)や親戚がやたらと細かくて口うるさい
上記のようなことは珍しいことではありませんし、もっと言えば結婚相手が大病することだってあり得ますし、リストラされて仕事を失う可能性だってあります。

こう考えると、結婚時にあまり恵まれていない方がいいんですよ。


例えば、お金もなくて結婚式すらあげられない二人がいたとします。

ただ、旦那さんは「(奥さん・子供を)絶対に幸せにして見せる!」と歯を食いしばって頑張り、奥さんはそういう旦那を支え続けた。

その結果、結婚当初と比べて随分と暮らしぶりも良くなって生活が安定した。

こういう二人の方がずっと夫婦としての絆は固いですよ。

タイミングなんて考えてたら結婚できない理由

今度は男性に言いたいのですが、「結婚するなら、もっとしっかりしてから(稼げるようになったら)にしよう!」と考えていませんか。

じゃあ、聞きますけど、それっていつですかね?
女性はあなたが一人前の男になるまでのんびり待ってくれる人ばかりではありませんよ。

「だったらそれまでだよ…」
確かにこういう考え方もあります。

ただ、一生のうちで「この人とだったら結婚してもいいかも」って思える人は何人もは出てきません。今、目の前にいる彼女を逃したら、その後それ以上の女性が現れる保証はないんです。

福山雅治さんが結婚するにあたりこんなことを言っていたようです。(以下引用)

「もっと仕事も人間関係も納得出来る時期が来たら、その時こそ家庭を持つ余裕が生まれるだろうと、20代30代を過ごしてきました」

出典:福山雅治 報道発表前に、ファンクラブ会員へ結婚報告の“手紙” (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

私が福山雅治さんを初めてしったのは、江口洋介さん主演の一つ屋根の下というドラマでした。
それからかなりの年月が経ちましたが、俳優活動と並行して数々のヒット曲を飛ばして来た福山さんですらこう思っていたわけです。

じゃあ、我々一般人はどうなんですか?
タイミングなんて計っていたら、ずっと結婚なんて出来ないと思いません?(笑

完璧な伴侶なんて絶対に見つからない

人間誰にでも長所もあれば短所もあります。
そして、どんなに価値観が似ているといっても、他人であることには間違いありません。

だったら、最初からパーフェクトを求めるのはやめましょうよ。
逆に、あなたがパーフェクトを相手から求められたらどうですか?

こんなにしんどいことはありません。

ですから、私は結婚したときに妻にこう言いました。

「ご飯を作りたくなければ作らなくてもいい。掃除が面倒くさければ、無理してする必要もない。弁当買ってくればいいんだし、ホコリが落ちていたって死ぬわけじゃないから」

一緒にいれれば良くないですか?
そもそも恋愛の始まりはそこが原点なんですから。

ちなみに、妻は本当によくやってくれる人ですけどね。

本日のまとめ

福山雅治さんの結婚ニュースがあったので、結婚についてお話ししました。

人生において、仕事と結婚って本当に重要なものですからね。

あなたが結婚についていろいろ考えるときの参考になれば幸いです!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ