目立つ・印象的な名刺や作り方

ビジネスマンの顔である名刺。

商談で多くの方々に会う営業マンのみならず、新入社員から社長までからなず持っているビジネスマン必須のアイテムです。

印象的な名刺

ところで、あなたの持っている名刺ってどんな名刺ですか?

大企業に勤めている方などは会社名が書いてあるだけで「お!」って思ってもらえるかもしれませんが、ベンチャー企業や中小企業の場合はそうはいきませんよね。

そこで過去20年営業をし、数えきれない方々と名刺交換した私が目立つ名刺や印象的な名刺についてアドバイスします!


スポンサードリンク




似顔絵名刺って評判悪いみたいです…

世の中には名刺コンサルタントという仕事があるのはご存知ですか?

ビジネスマンは多くの名刺をもらいますので、黒一色で印刷されただけの昔ながらの名刺が目立つことや印象に残ることはありません。先方の名刺ホルダーに収納されたっきりになってしまう可能性が高いですよ。

「そういえば、〇〇株式会社の〇〇さんの名刺ってどこだっけ…」
こんな風に探してもなかなかお目当ての名刺が見つからない経験をしたことが何度かあるはずです。

ですから、顔写真や似顔絵をプリントしている名刺も増えてきましたが、ちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

【参考】名刺に似顔絵描く人に27.9%が違和感 自分をキャラ化する営業マンたち – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

上記サイトのアンケートの結果によると、似顔絵名刺に対して27.9%の方々が違和感を感じているようです。


考えてみれば、ビジネスってフォーマルな世界ですから、名刺に似顔絵があるのは場違いに感じるのは当然かもしれません。(イラストライターとかなら別だと思います)

例えば、くまもんやふなっしーブームに便乗しようと、信じられない数のゆるキャラが誕生していますよね。

もちろん、全部が全部駄目とはいいませんが、民主党がゆるキャラを作ったと知ったときは違和感しか感じませんでしたよ(汗

印象的な名刺とは

ここからは、私が過去に頂戴した名刺で特に印象的なものをいくつかあげてみますね。

氏名以外なにも書いていない名刺

福井県の税理士さんの名刺で、氏名以外なにも書いていないときは強烈なインパクトがありました。
住所や電話番号すら書いていません(笑

「事務所名や肩書ではなく、自分自身で勝負している!」
こんな自信が名刺からヒシヒシと伝わってきましたよ。

ただ、住所や電話番号もないのは不便ですけどね。

紙以外の素材を使った名刺

私は過去に以下のような変わったの素材の名刺を頂戴したことがあります。

  • 木材
  • アクリル(透明な素材)
  • 金属(文字が掘ってありました)
  • ホログラム
  • レザー
  • 和紙(高級紙)
和紙を除けば、素材が違うだけで目立ちますし、印象に残ります。
あと、なんとなく「粗末にあつかえない」という気持ちになりますね。

もちろん、「今日、こんな名刺もらったよ!」って社内でも話題になります。

但し、名刺作成のコストは跳ね上がります。

2つ折り、3つ折りの名刺

裏にも情報が書いてある名刺は多いですが、2つ折り、3つ折りにすることで圧倒的に情報量を増やしている名刺も印象に残ります。

しかし、似顔絵ではありませんが、書いている内容によっては相手に興味を持ってもらえないどころか、ごちゃごちゃしているだけになってしまいますので注意が必要です。

私がいいと思うは、出身地など名刺交換した相手との共通の話題になり得る情報です。

間違えても、「〇〇大学を首席で卒業」「MBAを取得」「10年連続トップセールス賞を受賞」というような「自慢!?」って思われてしまうような情報や、家族など仕事とは関係のないプライベート情報の羅列は辞めましょう。(全く駄目とは言いませんが節度が大切です)

そうそう、私が「これいいな!」って思ったのは、会社の経営理念や社訓が載っていた名刺です。
その会社の価値観が判るので、思わず読んでしまいました。

本日のまとめ

「そこまでは出来ないな…」
こう思った方に違う視点から最後にお話しします。

私が以前所属していたコンサルティング会社で使っていた名刺は、縦型で横幅を数ミリカットしてスリムにし、名刺にビニールコーティングをかけて、水やコーヒーをこぼしても大丈夫なようにしていました。

これだけでも、「お宅の名刺ってスリムでかっこいいね!」って気が付いてくださる社長は多かったですよ。


あと、ビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」のような名刺業者に相談するのもいいと思います。

豊富なテンプレートがあるだけでなく、信じられないような激安価格で名刺が作成できますよ。

▼ 名刺通販ドットコムの公式サイトはこちら ▼



スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ