独立したい理由は何ですか!?

「会社員をやめて独立するぞ!」
わざわざ安定した現状を捨ててまでチャレンジするという気持ちは素晴らしいですが、ひとつ考えて欲しいことがあります。

それは、独立したい理由が何か?ということ。
独立して個人事業主や起業すると、困難や不安はつきものです。

独立する理由

そんな状況に負けないためにも、独立する理由を明確にしておきましょう!


スポンサードリンク




独立したい理由

独立したい理由には大きく分けて2種類あります。ひとつはポジティブな理由、そしてもうひとつはネガティブな理由です。ちょっと例をあげてみますね。

ポジティブな理由

  • どうしてもやりたいことがある
  • 自分の好きなことで食べていきたいと思った
  • やりたいことをやらずに後悔するのが嫌だった
  • 自分の可能性を試してみたかった
  • 収入を増やしたかった
  • 自由に働きたかった
  • 自分の判断で選択し決断したかった

ネガティブな理由


  • リストラされた
  • 年齢的に再就職が難しいので起業しかなかった
  • 組織の歯車として働くのに疑問を感じた
  • 組織の都合や上司の指示に振り回されるのに疲れた
  • 出世や収入アップの可能性がない
  • 会社の人間関係に疲弊してしまった
  • 介護などの事情で会社勤めが難しくなった

誰でもプラスとマイナスの理由を持ち合わせている

ポジティブな理由の人は、自ら安定を捨ててでもやりたいことがある場合が多く、ネガティブな理由の人は現状に不平や不満があることやどうしようもない状況であることが多いです。

一見、ポジティブな理由の方がいい気がしますが、実はそんなに単純なものでもありません。というのは、ポジティブな理由の人の中にも少なからずネガティブな理由があるからです。

考えてみて欲しいのですが、今の会社で出世頭で将来社長や役員の椅子が用意されているような状態だったらわざわざ独立を考えるでしょうか?絶対にいないとは言いませんが、その状態で安定を捨てて独立する人は少ないと思います。

本日のまとめ

独立の理由は、独立後のモチベーションになりますので、しっかりと考えてください。
思いつく限り紙に書き出してみることをおすすめします。
そして、プラスとマイナスの両方の理由を正直に書き出すのがポイントです。

独立後、苦しいときに書き出した独立の理由があなたを支えてくれるでしょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ