営業マンが対人恐怖症に陥りやすい原因と克服方法

ビジネスマンの中で最も対人恐怖症に陥りやすいのは営業マンです。

「怖くてインターホンを鳴らせなくなった」
「テレアポで電話をかけるのが怖くてしょうがない」

こんな方って多いですよね。

そこで、今回は営業マンが対人恐怖症に陥りやすい原因と克服方法についてまとめてみました。


スポンサードリンク




対人恐怖症の症状

対人恐怖症
ひとくちに対人恐怖症と言ってもさまざまな症状があります。
以下の引用に代表的な症状が書いてありますので、自分がどのタイプに当てはまるかを確認してみてください。

1.赤面症(赤面恐怖)
会社の上司や同年代の異性など、苦手な相手と仕事などで接する時に顔が赤くなってしまう。

2.視線恐怖
バイト先などで周りの人の視線が気になり、ぎこちなくなったり、仕事に集中出来なくなる。

3.劣等感
仕事や勉強自体は自信があるが、内向的な性格のことや人付き合いが苦手なことで劣等感を感じる。

4.予期恐怖
会議や朝礼などで発表しなければならない時に、また緊張してしまったらどうしようと不安や恐怖を感じ憂鬱になってしまう。

5.対人不安
会社の上司や異性の同僚と接する時に変に思われるのではと不安になってしまう。

6.対人緊張
自信家タイプの苦手な同僚と仕事をする時などに緊張し疲れてしまう。

7.書痙
仕事で重要な書類を書く時や、結婚式や葬式などの記帳の時に手が震えてしまう。

8.震え恐怖
朝礼の司会や発表会の当事者になった時などに足や手が震えてしまう。

9.笑顔恐怖症
人前で笑う時に顔が引きつったり、ゆがんでしまうために変に思われるように感じる。

10.表情恐怖
自分の表情が不自然で暗く周りの人から嫌われているように感じる。

11.醜形恐怖症
自分の容姿が醜く他人からブスとか可愛くないと思われているように感じ辛い。

12.多汗症(発汗恐怖)
仕事でお客様と話す時などに汗が異常に出てしまうために変に思われるように感じる。

13.正視恐怖症
学校の先生や仕事の上司、異性の同僚などと面と向かって話す時に目のやり場に困ってしまう。

14.吃音恐怖
仕事やプライベートの電話で話す時などに最初の言葉が出ず、言葉が詰まってしまう。

15.雑談恐怖症
バイト先や学校の休憩時間などで、みんなが話している時に話の輪に入れない。

16.おなら恐怖
職場や教室、乗り物に乗っている時などに、おならが漏れてしまい、周りの人から嫌がられているように感じる。

17.唾液恐怖症
仕事中や授業中など周りが静かな時に唾を飲み込む音が他の人に聞こえ嫌がられてしまう。

出典:対人恐怖症(症状、原因、克服方法)

それにしても、改めて調べてみて「こんなに種類が沢山あるんだ!」って驚きました。

多汗症も対人恐怖症の一種だったんですね…

あと、おなら恐怖症って知らなかったな。
確かに商談中におならをして、相手の方に気が付かれるのは恐怖以外の何ものでもありません。
(決してしませんが)

対人恐怖症の原因

対人恐怖症は別名「社会不安障害」と呼ばれる治療対象になる病気です。


人に対する不安や恐怖が一定レベルを超えると、深刻な悩みや苦痛を感じるようになり、酷い場合には社会生活に支障をきたすようになってしまいます。

冒頭でもいいましたが、「怖くてインターホンを鳴らせなくなった」とか「テレアポで電話をかけるのが怖くてしょうがない」という判りやすいケース以外にも多くの症状がありますので注意してください。


さて、原因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 神経質
  • 怖がり
  • ちょっとしたことでクヨクヨしてしまう
  • 自意識過剰
  • 真面目
  • 完璧主義
また、幼少期の以下のようなことが原因になっている場合もあります。

  • 極度の人見知り
  • 分離不安(母親から離れられない)
  • 人前であがってしまったなどのトラウマ

対人恐怖症の克服方法

ここからは具体的に対人恐怖症の克服方法についてです。
(このブログは営業ブログですので、営業マンの場合を想定して克服方法を考えてみました)

全てを受け入れる

対人恐怖症の人は、失敗やマイナスごとを過剰に嫌う傾向があります。

でも、どんなに優秀な営業マンでも、商談が否決で終わることはあるんですね。
そんな時は素直に「いや~、今回は駄目だったか~」って事実を受け入れてしまいましょう。
別にあなたが嫌われたから否決になったとは限りませんからね。

それに、どんなにクヨクヨ考えたって、否決は否決。
そこには「断られた」という真実以外ありません。
クヨクヨ考えれば、成約率が上がるわけではないですよね。

そういう私もプライドが高くて失敗やマイナスごとは嫌いだったのですが、とあることがきっかけで1度全てを受け入れるようにしたら、それまでの自分が嘘のように楽になった経験をしたことがあります。

アポが取れないことや商談が否決になることは、あなたの人生において大した問題ではありませんよ。

対人恐怖症を深刻に考えすぎない

名前は忘れましたが、最近の芸人で「安心してください!履いてますよ」っていうギャクをやる人いるじゃないですか?(名前なんでしたっけ?)

そのギャグ風に言いますね。
「安心してください!私も対人恐怖症ですよ」

これ、ふざけているわけではなく本当です。

商談前やプレゼン前には「オエ~」って動けないくらい気持ち悪くなるだけでなく、お腹は痛くなったりで大変な状態になります(笑

でも、この症状をおさえようと思っても絶対に無理ですので、「プレッシャーを感じるのは当たり前のことだ」って考えるようにしているんですね。そう考えるようになってからは、以前よりはマシになりました。

私はいろいろなトップセールスマンを見てきましたが、誰ひとりとして何のプレッシャーも感じていない人はいなかったですよ。

私が過去に見てきた営業マンの中で、最強の営業マンのTさんは、商談中に手汗が止まらないので、常に吸水性の高いタオルハンカチを机の上に置いて手を拭きながら商談していましたからね。

あなただけではありませんので、気を楽に持ってくださいね。

自分がどう思われているかを気にするをやめる

対人恐怖症の人は自意識過剰な人が多いんですね。

「今、この人はどう思っているんだろう…」
「こんなに連続して断られ続けて、私が原因なのかしら…」

でも、ハッキリ言いますが、あなたが自分のことを考えているほど、他人はあなたのことを気にしていません。みんな自分のことでいっぱいいっぱいなんですよ。

また、大勢の前だとあがってしまう人も多いと思うのでアドバイスすると、人数が多ければ多いほど、あなたのことを注目して見ている人は少なくなります。(ジャニーズなどの人気タレントは別ですが…)

本日のまとめ

今日の内容は、「営業マンが対人恐怖症に陥りやすい原因と克服方法」ですので、対人恐怖症の症状が酷い方の場合は、医師の診断や治療を受けるようにしてください。

症状によっては薬物治療や心理療法などのが必要なケースもあります。

ただ、今現在営業マンなど仕事をしている方の場合は、上記のように対人恐怖症に対するとらえ方や考え方を変えることで楽になることも多いので試してみてくださいね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ