ネガティブな情報をシャットアウトすれば、簡単にポジティブになれる

「ポジティブになれって言われても、そんなに簡単になれないよ」
こう思う営業マンって沢山いるでしょうね。

シャットアウトのイメージ

体育会系の営業会社では「プラス思考が重要!」とか社訓を復唱しているところがまだまだあるんじゃないかな~。ただ、その復唱している営業マンのほとんどがネガティブな思考だったりするわけで(汗

そこで今日は、もっとも簡単にポジティブになれる方法についてアドバイスします。


スポンサードリンク




ポジティブになる方法は売るしかないのか

私は過去約20年の営業人生で、数えきれない営業マン達を見てきましたが、売れた途端にネガティブな営業マンがポジティブな営業マンに変身したのを何度となく見てきました。

その変貌ぶりは、まるで別人!

よく言うじゃないですか、営業マンに一番効く薬はオーダーって。
「本当にそうだな~」って感心します。

では、営業マンがポジティブになる方法は、売ることしかないのかといえば、私は100%そうとは言い切れません。

何故なら、すぐに頭角を現す営業マンもいれば、売れ始めるまで3ヶ月から半年かかる営業マンもいますので、後者のタイプの場合、売れるまでの期間ポジティブでいるのは難しいですからね。

じゃあ、どうすればいいかってことですよ。

まずは、ネガティブな情報をシャットアウトしよう

結論から言えば、ネガティブな情報をシャットアウトするのがおすすめです。

考えてみて欲しいのですが、世の中にはネガティブな情報で溢れかえっていますよね。事件・事故、自然災害や経済問題、新聞も週刊誌もテレビのニュースも、こぞってネガティブ情報を発信しています。

ですから、私達は知らず知らずのうちにネガティブな方向へ引っ張られているので、ポジティブな自分を保ち続ける工夫をしなければ、マイナスのスパイラルに巻き込まれてしまうのです!

これは、私からの提案ですが、数字の出ていない営業マンは以下のようなものを一時的にシャットアウトしてみてください。

  • テレビ
  • 新聞・雑誌
  • インターネットの閲覧
  • 職場の売れない営業マン
  • 人の悪口などを言う友人・知人
「でも、そんなことしたら友達がいなくなりそうです」とか「ギリシャのデフォルト問題など世の中が大変なときに、情報をシャットアウトするのはリスクでしかいない」と思う方もいるかもしれません。

しかし、私が言っているのは一生シャットアウトしろという意味ではありません。
せめて、売れるまでの間は上記にあげたものをシャットアウトした方がいいですよという意味です。

例えば、売れるまでの3ヶ月とか半年間連絡しないだけで縁が切れるような人とは、今後お付き合いは続きません。また、あなたがギリシャ問題について寝ないで考えたところで、何ら影響することは出来ないですよね。

これ、大切なところですので、何度も言いますが、私達は世の中に溢れかえっている情報にドップリと浸かっちゃっています。そして、ポジティブな情報の何倍もネガティブな情報から受ける影響は大きいんですね。

精神的に弱ければ弱い人ほど、ネガティブな情報をシャットアウトしなければなりません。

心配するだけなのは本当に無駄

それでも、心配ばかりが先に立つ人にはこう言いたいです。
「心配ばっかりしてるのは、無駄以外の何ものでもないよ」って。

例えば、経済的な心配をしたところで、お金が入ってくるわけではありません。
そんな心配する暇があったら一所懸命働いた方がいいですよね。

健康が気になる人は心配するよりも、暴飲暴食を止める、アフターファイブのお酒を減らした方が効果的です。病気のことばっかり気にしてると、かえって病気になってしまうかもしれません。

ギリシャのデフォルトを見て、「日本は大丈夫かな」って思うのであれば、資産の一部をドルで持つとかいろいろな方法がありますよね。

つまり、心配しても何も解決しません。
行動を起こさなければ、何も変わらないのです。

本日のまとめ

最後にもうひとつだけ。
心配ばかりしている人は、没頭できません。

何でもそうすが、結果を出す人は一時的に没頭する期間があります。
あなたは、余計なことばかり考えていませんか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ