部下を叱るときにマネージャーが気をつけるべきこと

「叱られたい若手社員が7割もいるのか…」

最近のニュースでこんな情報を得て、安心して部下を叱ったら効果がないどころか、総スカンを食らってしまった…

こんなマネージャーって多いものでしょうね。

親子のイメージ

そこで今日は、叱るということに関して、掘り下げて考えてみましょう。


スポンサードリンク




どうやら世間の若い社員は叱られたいらしい

こんな記事があります。

【参考】叱る上司は4割なのに、叱られたい若手社員は7割 – ITmedia ビジネスオンライン

この記事によると、叱られたい若手社員は70%を優に超えています。
(いろいろと条件付きではありますが…)

しかも、ポジティブに受け止めているらしいのです。

でも、「本当かよ!?」って思うマネージャーの方って多いんじゃないですか?

私も、営業マネージャーを長年していましたが、「そんなに素直な部下ばっかりだったら、管理職は苦労しないだろ…」って思いますもん。

じゃあ、どうしてなんだろうってことですよ。

ほとんどのマネージャーが自分のために部下を叱っている

いろいろ考えてみたのですが、一番の原因はこれだと思います。

マネージャーは自分のために部下を叱っているから

こう言われて、「俺は部下の成長のためだけを思って叱っているよ」って100%純粋に言いきれる管理職の方はどれほどいるのでしょうか。


例えば、営業マネージャーであれば、「部下の数字が悪い=課の数字が悪い」ということになります。そして、部下のマイナス分を自分ひとりで埋め続けることは出来ません。

会議では上層部から散々詰められ、歩合給は減り、「このような数字が続けば、降格してもらうよ」と宣告されました。

で、でですよ。

部下はどうかといえば、業務時間中にウトウトしていたり、テレアポもせずに給湯室で世間話をしたり、アポをすっぽかしてサボっていたり…

バカヤロー!

こんな気持ちにならない方が不自然ですよね。


でも、それでも自分のために部下を叱る行為は部下から見透かされてしまいます。

どんなに仕事が出来なくても、数字を上げることができない営業マンでも、ここだけは敏感なので絶対にやってはいけません。

部下を子供だと思うしかない

じゃあ、どうすればいいかですが、これしかないと思います。

無償の愛
母親が我が子を愛しむような気持ち同様に、部下の成長を思ってやることです。


簡単なことではありませんよ。
先ほど言ったように、部下は自分の収入や出世に影響する大きなファクターですからね。

それでも、自分の利益や損得は捨てて、部下の成長だけを考える。
こういうマネージャーであれば、叱っても部下はついてきます。


「そんなきれいごと言ってられるか!」
「それでも駄目だったときは、どうしてくれるんだ!?」

こう思う方も多いと思いますが、これに関してはこれしか答えようがありません。

「それが、あなたの持っている巡りあわせです」


子供が親を選べないように、部下も上司を選べません。

部下には部下の人生があり、その部下のビジネス人生にあなたという存在は考えれれないほど大きく影響してしまうということを忘れてはいけません。

親が子供の人生に対して責任があるように、上司は部下のビジネス人生に対して責任があるのです。


「そんな責任負いきれるかよ。自分のことだけで精一杯なんだから…」

こういう人はマネージャーの器ではないので、人の上に立つべきではありません。一刻も早くマネージャーを辞めてプレイヤーになりましょう。

本日のまとめ

今日は、マネージャーに対して厳しい内容になってしまいました。
でも、本当のことですのでしょうがありません。

ステップアップすればするほど、背負わなければならないことは増えるのは世の常ですから。

ただ、こう考えてみたらどうでしょうか。
「お給料を頂きながら人材育成を学べている」と。

これからの厳しいビジネス社会で生き残るためには、人材育成能力は必須です。
それを日々の業務で学べると思えば、こんなに素晴らしいことはありません。

例えそれがうまくいかなかったとしても。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ