営業マンは会社の成長のカギを握っていると心得よ

営業マンを軽く見ている人は多いですが、ハッキリ言ってお門違い。

何故なら、現場の最前線にいる営業マンは、会社や商品の置かれた立場を直接肌で感じることが出来るからです。

フィードバックする営業マン

そこで、今日は営業マンは会社の成長のカギを握っていると心得よというお話しをしたいと思います。


スポンサードリンク




営業は単なる売り子ではありません

営業マンって、売ったり契約したりするために、ペコペコ頭を下げる
自分の稼ぎのために、無理やり商品やサービスを押し付ける

世間の多くの人がこんなイメージを持っています。

また、身内である経営者ですら、こんなふうに思っている場合があります。

営業なんて代わりはナンボでもいる

私は20年近く営業の仕事に携わってきましたので、こういうことを聞くと、本気で腹が立ちます。

「営業はそんなにレベルの低い仕事じゃないわ!ごちゃごちゃ言うなら20年やってから言え!!」

すみません、少々取り乱しました(笑
でも、本心ですけどね。

営業マンは、決して単なる売り子や御用聞きではありません。

優秀な営業マンがいる組織といない組織では、その組織が存続できるか否か、また、成長のスピードも大きく変わってきます。

営業マンは現場のリアルをフィードバックしよう

営業の仕事の重要性はいろいろありますが、その中のひとつに現場の最前線にいるというのがあります。

飛込みやテレアポ、商談やフォローで毎日マーケットや顧客に接していますからね。
ですから、営業マンほど会社や商品・サービスの置かれた立場を一番正確に把握しているものはいません。

あなたも「おや!?風向きが変わったな」って感じた経験はありませんか?

私は、会社や商品にとっていい風向きも悪い風向きも、頻繁に感じます。
そして、そういうときは迷わず会社にフィードバックするようにしてきました。

もちろん、そのフィードバックは会社や経営者にとって面白くないことや耳が痛いことが多いのですが、現場のリアルを知っているのは営業マンだけです。

ときには「また、営業さんが面倒くさいこと言い始めたよ…」って顔をされることもありますが、そんなことは関係ありません。

10個フィードバックして、たった1個しか受け入れられないとしても、しないよりずっといいですよ。

放っておけば、会社はマーケットや顧客の状況を無視して明後日の方向へ突き進んでいくかもしれないのですから。

お客さまの肩を持ち会社と闘ったことはありますか

私はお客さまにペコペコ頭を下げたり、顧客の言いなりには決してなりません。
出来ないことは「出来ません」と突っぱねます。

また、過去の営業人生で、値引きもほとんどしたことがありません。
商品やサービスには適正価格がありますので、必要以上に値引きする必要はないですから。

但し、「これはお客さまの言う通りだな!」って感じたときは、全力でお客側について自分の所属している会社と闘います。

現場を知らないスタッフが完全にお客さまの状況を把握することはできません。
お客さまの意向を本当の意味で汲み取れるのは営業マンだけです。

ですから、お客さまが正しいときは、会社で自分の立場が悪くなっても構わない覚悟で、会社と闘いますよ。


そうそう、以前に所属していた会社で、とにかく「一度持ち帰って来てください」ばかりを繰り返す会社がありました。

そして、言われた通り持ち帰ると、いつまで経っても結論が出ないし、結局はうやむやにされるということが続いたことがあったんですね。

「結局、お客さまの意向を受け入れるつもりが無いな…」
こう思った私は、とある商談のときに行動を起こします。

何をしたかといえば、商談中に会社に電話を入れて社長を呼び出して、こう言いました。

「お客さまから、〇〇というご要望があり、営業の私としてもその通りだと感じました。いつもであれば持ち帰りますが、お客さまはお急ぎで、この場で結論を出して欲しいとおっしゃっています!」

それでも、社長がハッキリしないので、更にこう続けました。

「私はこの場で結論が出せないご要望とは思えません。もし、結論が出せないというのであれば、今、目の前に〇〇株式会社の社長がいらっしゃいますので、直接その旨をお伝え頂けますか?」

そうしたら、その場で結論が出て即決になりました。



ちょっと、過激なやり方なので真似はしないでくださいね(笑

でも、ここまではしないにしても、営業マンたるもの必要とあらば、お客さまのために自分の会社と闘う必要はあると思いませんか?

本日のまとめ

最後に注意点を少しだけ。

営業マンが顧客第一主義ということで、いろいろと要望を会社に上げても「そもそも営業力が無いからじゃないの?」って思われてしまう可能性があります。

ですから、会社に物申すのは、ある程度の実績がある営業マンでなければなりません。新人営業マンや実績の無い人は、数字の出ている営業マンに相談するか、営業部の責任者に話すようにしましょう。


営業マン尾フィードバックが原因で、会社や商品・サービスが良くなる可能性がある

こう考えると、営業の仕事ってやりがいがありますよね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ