営業トークを極限までシンプルにしよう!

営業の仕事は難しものではありませんが、営業マンが自分でややこしくしてしまっていることが多いものです。

そぎ落とすイメージ

そこで、今日は営業トークを極限までシンプルにしよう!というテーマをお送りします。


スポンサードリンク




営業を難しく考えるのをやめよう

数字が出ない営業マンは「営業って難しい仕事だな…」って思いますよね。

どこの会社の営業マンでも同じような傾向があるのですが、売れる営業マンは営業の仕事をシンプルに考え、売れない営業マンは営業の仕事を難しく考えています。

そして、難しく考えているのが原因で、巨大迷路の中に迷い込んだり、毛糸がぐちゃぐちゃにこんがらがったような状態になってしまう売れない営業マンを沢山見てきました。


でも、「何でわざわざ自分から営業を難しい仕事にするの?」って本気で思います。

私は、公私ともに面倒くさいことや非効率なことが大嫌いなので、営業の仕事も極限までシンプルにすることを常に考え続けています。

営業トークをシンプルにするメリット

もちろん、私も馬鹿ではありませんので売れないのにシンプルにしたりしませんよ。過去20年近く営業をしてきて「シンプルにした方が売れる!(メリットが大きい)」と確信しているからしています。

そこで、具体例をあげて説明しますね。

シンプルにすると伝わる

まず、一番初めに言いたいのは、世の中の営業マンの営業トークは長すぎます。

本当に長い!
何故、そんなに長いのか疑問すら感じます。

理由は大きく分けると2つ。

ひとつは、売ろう売ろうと考えているうちに、いろいろと余計な枝葉を付け過ぎてしまったケースと、2つ目の理由はもともとの営業マニュアルが長いというもの。

でも、ここで良く考えて欲しいのですが、営業の仕事って何ですか?
いろいろな答えがあると思いますが、私の場合は「伝えること」だと思っています。

誤解している営業マンが多いのですが、沢山説明するから相手に伝わるわけではありません。営業トークが長ければ長いほど、本当に伝えたいことが伝わらなくなってしまうんですね。

お客さまにとっては、感心の無い情報はノイズ同然ですよ。
シンプルにすることで、伝えたいことが格段に伝わりやすくなります。

シンプルにするとスランプにならない

営業トークが長いと、スランプになったときが大変です。
何故なら、どの部分が悪いのかを見つけるだけで大変な作業になってしまうからです。

しかし、シンプルにしておけば、「アプローチで距離を縮められなかったな…」とか「クロージングの強さが足りなかった」など、原因を簡単に見つけることができます。

また、そもそもトークが短いと軸がブレることがありません。
ですから、スランプになる確率を下げることが出来ます。


シンプルだと再現性が上がる

シンプルにすると再現性が上がります。
再現性が上がると、先ほどの軸がブレなくなる効果もあります。

しかし、それ以上に大切なのは、再現性が高いトークは多くの営業マンが使いこなせる可能性が高くなるということです。

今後、営業の仕事に携わっていきたいのであれば、マネージメント能力は必須です。

もちろん、マネージメントにはいろいろな要素がありますが、営業マネージャーのマネージメントで一番大切なのは、部下を売れる営業マンに育てること。

長くて複雑な営業トークを教えるよりも、シンプルでわかりやすい営業トークを伝授したほうが部下は早く使いこなせるようになりますよ。

わかりやすい例で言えば、電化製品についている分厚い説明書って全部読みませんよね。私は「読め!」って強要されたら発狂するか蕁麻疹が出ると思います(笑

それと同じです。

長い営業トークは、覚えたり使いこなすだけで精一杯。しかし、シンプルな営業トークであれば、簡単に覚えたり使いこなせるものです。

本日のまとめ

営業トークを極限までシンプルにすると、商談時間が短くなりますので、その分アプローチの世間話などに時間が使えます。

本当にメリットだらけですので、一言一句見直して余計なトークは削り落としてみてください!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ