飲食店の男性店員のムダ毛問題からいろいろ考えてみた。

飲食店に行くと、疑問を感じることがあります。

それは、「男性店員の腕毛や指毛などのムダ毛処理を何でマニュアルに盛り込まないの?」ということ。

飲食店の店員イメージ

私が気にし過ぎなんですかね…

でも、いろいろと思うところがあるので、この問題をテーマにいろいろ考えてみました。


スポンサードリンク




飲食店の男性店員のムダ毛問題

そうそう最初に言っておきますけど、どこかのお店で髪の毛が1本入っていたくらいで、私は大騒ぎしませんよ。気持ちがいいか悪いかといえば、いい気持ちではないですけどね。


今のご時世、料理に髪の毛1本でも入っていようものなら大騒ぎになりますよね!

「大変申し訳ございません。作り直して参ります」とか「お代はけっこうですので…」みたいなことになると、経費や売上に損失が出ます。

でも、もっと大変な問題があります。

髪の毛が入ってたんだけど(´・ω・`)
こんな感じでSNSで拡散されたりしたら、作り直しやお代どころの損失どころではありません…


さて、ここからが本題なのですが、何で飲食店の男性のムダ毛(腕毛や指毛)を処理させないんですかね。

業態にもよりますが、直接手で食材に触れる飲食店ってあるじゃないですか。

もちろん、ビニール手袋をしているところもありますが、それにしたって肘までの長いビニール手袋を見たことがありません。お店によっては、ビニール手袋をしないところも多くあります。

そうなると、正直言ってムダ毛が食材に交じってしまう可能性はゼロではありませんよね。

マニュアル化している飲食店もあるとは思います。
しかし、それにしても実際に飲食店に行くと、腕毛や指毛ボーボーの店員が多いのも事実なんですよね…

食品を扱う工場では、髪の毛全部を覆うネット付きのキャップを被るだけでなく、エアーで全身のホコリを飛ばしてから工場に入りますよね。

飲食店は、口に入るものを扱うのですから、食材や食器に触る手や腕のムダ毛を処理するのは当たり前だと思うんですけどね。

営業マンも他人ごとではない

これから暑い季節になると、営業マンをはじめビジネスマンも他人ごとではありません。腕まくりをしたり、半袖ワイシャツを着たり、クールビズが浸透した影響で、夏場はすっかり軽装になりましたからね。

腕まくりしたワイシャツからボーボーの腕毛が見えてたら、決して爽やかな気分にはなりません。

もちろん、「そんなの気にしないよ」って男性は多いと思いますが、それは女性も含めた全員がそう思っているのでしょうか?

実際、私は腕毛もそこそこのものですし(笑)、その上汗っかきで夏場は不衛生になるので、数年前から腕毛をキレイに処理しているのですが、見た目が爽やかなっただけでなく、衛生的になったと感じています。

そうそう、私が気にしすぎかと思って調べてみたら、ちょっとビックリする情報を発見しました。

それは、脱毛器のケノンという商品が楽天で常に売上ランキング上位にランクインしているしているだけでなく、この商品の男性利用率が43%だというのです!

【参考】1発0.46円の超激安高性能脱毛器「ケノン」これは本物!



「男はムダ毛なんて気にする必要はない」

こんな風に考えている男性は多いかもしれませんが、もしかしたら、古い考えなのかもしれませんね。

でも、これで髭とかも生えてこなくなるなら正直ありだな…
買おうかな(笑

本日のまとめ

昔からの常識や自分の価値観で判断する人って多いですよね。「男がムダ毛なんか気にしてどうするんだ?」みたいなのは、まさしくそうで。

でも、そのボーボーの腕毛や指毛が生えた状態を見て少しでも嫌な思いをするお客さんがいるのであれば、処理するのは当たり前だと思うんですよね。

特に飲食店の場合は、衛生面にも影響があるわけですから。

それでも、「気にし過ぎだ」という方にこんな情報があるのでお教えします。

髭を調べたら、トイレの便器と同じ数の細菌がいる
つい最近、ニュースアプリに上記のような情報がありました。

髭と腕毛では違いがあるとは思いますが、これでも気にし過ぎと言えますか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ