営業マンならハプニングやトラブルを楽しもう!

営業の仕事をしていると、予期せぬハプニングや想像もしていなかったトラブルが起こることがありますよね。

そんなとき、あなたはどう思いますか?

「ついてないな~」ですか?
それとも「よし!やってやるぞ!」ですか?

ハプニングのイメージ

えっ、私ですか!?
私は両方です(笑

でも、ひとつだけ言えることは、ハプニングやトラブルが起こると燃えるということです。


スポンサードリンク




ハプニングやトラブルを100%回避する方法はない

ハプニングやトラブルには、自分が原因の場合と、自分以外が原因の場合の2種類のパターンがあります。

自分以外が原因のハプニングは防ぎようがありませんが、自分が原因のハプニングやトラブルも100%防ぐことは極めて難しいと思いませんか?

例えば、「名刺をきらせてしまう」
ビジネスマンとして、超初歩的なミスで許されることではありませんが、長いビジネス人生で1度もないと言い切れますか?

私は完璧主義でかなり神経質(準備に関して)ですが、やっぱり過去を振り返ると、自分が原因のとんでもないトラブルやハプニングを何回か起こしています。


そうそう、かなり昔の話になりますが、学習教材の営業をしていたときに、こんなことがありました。

完璧にニーズが入り、「それでは、実際の教材をお見せしますね!」とニッコニコで鞄を開けたら…

きょ・教材がない(汗

こんな信じられないこともやらかしたことがあります↓

あのときの衝撃は忘れられません
ガーーーンって脳みそを叩かれたような衝撃が走りましたからね。
全身から変な汗も出ました(笑

ただトラブルやハプニングが起きたときに大切なことは、その時にどう考えどう行動するかです。

ハプニングやトラブルが自分を成長させてくれる

普通にアポが取れて、普通に商談して、普通に契約する。

もちろん、否決になるよりもずっといいですが、このような当たり前の仕事ばかりを繰り返していても何の成長もありません。

「ヤバいな…」
「どうしたらいいんだろう?」

こんなトラブルやハプニングを乗り越えるからこそ、成長することが出来ます。


私がコンサルティング営業をしていたときにこんなことがありました。

とある歯科医院に商談に行ったのですが、そこの院長先生がとんでもないモンスターだったんです。

「あのさ~、15分だけね、15分が過ぎたらすぐに返ってもらうから!」
超高圧的な態度で、営業マンの私を完全に見下しています。

カッチーン!

「腹立つなぁ~」

自アポだったら頭にきてすぐに帰っちゃったかもしれませんが、社アポだったのでアポを用意してくれた人のことを考えると、この商談を無下には出来ません。

しかし、どんなに急いでも契約までに30分は掛かります。
それに、こういうタイプの院長先生ですから、二度目の商談の機会をくれるとは思えません。

「よし!15分で契約書締結まで終わらせてやる!!」

私は挨拶もそうそうに、こう言って商談に入りました。

「15分という非常に短いお時間ですので、かなりのスピードでご説明させて頂きます!」

多分、嵐のような激しさの商談だったと思いますよ(笑

導入フローと契約書の説明を同時進行、10分弱で全説明を終了して、残り5分で記名捺印を完了。

院長先生も、私のあまりの迫力に圧倒されたのか、なんの抵抗もありませんでした…

(トラブルが嫌だったので、会社に状況説明をしてコンサルティングに入るか入らないかはお任せしましたが、結局コンサルに入りましたし、トラブルにもなりませんでした)

もう一度同じような商談をしたいかといえば、したくはありません。

しかし、30分が限界だと思い込んでいた商談時間でしたが、15分で即決まで持って行けたので、「やって出来ないことはないんだな」という自信がつきました。

本日のまとめ

営業で失敗したところで、命まで取られるわけではありません。
ですから、トラブルやハプニングは自分の成長に繋がると考えて楽しんじゃいましょう!

そうすれば、仕事が楽しくなると思いませんか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ