今の仕事が天職か悩んでいる人へ

「今の仕事って私に向いていないのかも…」

こんなことを考えたことって1度や2度はありますよね。

今の仕事はチャンスなのか?

とある記事によると、今の仕事が天職だと思っている人は54.9%とのこと。

これを多いと感じるか少ないと感じるかは、あなた次第ですが、どちらにしても興味深い内容なので取り上げてみます。


スポンサードリンク




社会人の半数以上が天職と思っている

まず、以下の引用を見てください。

調査は今年2月、全国20~69歳の働く男女1106名を対象にウェブ上で実施。「今の仕事は、あなたにとって『天職』だと思いますか?」と聞いたところ、「そう思う」と回答した人が17.4%、「まぁまぁそう思う」が37.5%で、合計54.9%が今の仕事を「天職」だと思っていることが分かった。一方、「あまりそう思わない」は27%、「そう思わない」は18.1%で、45.1%の人は「天職だと思わない」と回答。今の仕事が天職か、という点について、働く人の思いはほぼ半数ずつに分かれた。

出典:社会人の54.9%が、今の仕事を「天職」だと思っている  | しごと – エコノミックニュース

上記は、財形新聞のWEB版からの引用ですが、あなたはこの記事をみてどう思いましたか?

「へえ、意外と天職だと思っている人多いじゃん!」
「やっぱり、約半数の人は天職だと思っていないのか…」

人それぞれ感じ方は違うと思いますが、この記事の続きを読むとヒントがありそうですので、更に引用します。

年代別でみると、高齢層ほど「天職」だと感じている割合が多い。20代は47.1%、30代は51.5%、40代は53.6%、50代では56.9%、60代では65.5%が「今の仕事は天職」と回答した。

出典:社会人の54.9%が、今の仕事を「天職」だと思っている  | しごと – エコノミックニュース

さて、何故このような数字になるのでしょうか。

記事元のページには、記事作成者の見解が書かれていますので、興味のある人は全文読んでみてください。

簡単に天職と思えるのが不思議

自分の仕事を天職と感じることが出来れば幸せですよね。
でも、「今の仕事が天職だ!」って簡単に思えるものですかね?

「天職か天職ではないか?」なんて簡単にはわからないと思うのですが…


少し私の話をしますね。

ご存知の通り、私は営業の仕事を約20年続けてきました。

こんなこを言うと「よく馬鹿みたいに営業一筋でやってますね?」と笑っちゃう人もいるかもしれません。

確かに、訪問して契約を取ることの繰り返しですからね。「誰でも出来る」「バカでも出来る」「クリエイティブな仕事ではない」と思う人がいるのも理解できます。

ただ、そんな営業ですが極めようと思ったらなかなか奥が深いんですよね。
だって、成約率100%でない限り、何かが足りない訳ですから。

成約率5%を20%や30%に上げるのは難しくありませんが、成約率50%を70%や80%に上げるとなると難易度がめちゃくちゃ高くなります。

そして、70%や80%の成約率になるためには、数だけでなく質も高めなければなりませんし、対人折衝能力を究極に高めたり、人間心理を学ぶ必要もあります。

更に、自分がマネージャーになって、営業マンを育てる立場になると全然違うスキルが必要になりますからね。


そうそう、私は営業をはじめて10年くらいはお金のためだけにやっていました。

しかし、営業の面白さにハマって上記のようにいろいろ勉強し、営業マンとして成長できたときに「天職かも」って初めて感じたんです。

それでも、「天職だ!」ではなく「天職かも」です。


だから、「今の仕事が天職と思えない」としても変なことではないと思います。

事実、上記の財形新聞WEB版の引用でも、年代が上がると共に天職だと思っている率が上がっていますよね。

これが全てを物語っている気がします。

天職でないから転職

天職でないから転職を考えてしまう人って多いと思います。
でも、上記で話した通り、今の仕事が天職かどうかなんて何年経てば判るというものではありません。

数ヶ月で退職するのは論外です… 少なくても三年は続けましょうよ。
そして、その間はクヨクヨ悩んだり余計なことを考えずに一所懸命目の前の仕事に没頭する!

それから、天職かどうか考えても遅くありません。

よく「自分探しの旅」をはじめたはいいものの、いつまで経っても自分探しの旅から戻ってこない人っているじゃないですか?

安易に転職の旅に出ると、ずっと天職を探し続けてさまよい続ける旅人になってしまいますよ…

本日のまとめ

最後に、「俺にはやりたいことがある!」こんな感じのプラス思考の方にもアドバイスがあります。

それは、「器用貧乏にならないように気を付けましょう!」ということ。

プラス思考の人や人並み以上の能力がある人は、「これだ!」と思うと簡単に環境を変えてしまう傾向があります。

簡単に転職や起業したりするわけです。

しかし、保守的な日本社会では、転職回数が多い人や失敗した人に対して、マイナスの評価を下します。

更に、35歳くらいを境に、ビジネスの人材としての需要が激減します。

自分に自信があるばかりに転職を繰り返し、結局は自分の能力が発揮できない環境に収まらざるを得なくなるという人を沢山見てきました。

転職や起業が悪いとは言いませんし、個人的にはチャレンジする人は大好きですが、上記のようなことは頭に入れておいてくださいね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ