年収1075万円以上で残業代ゼロ!あなたはどう思いますか?

アベノミクスの成長戦略の柱のひとつに年収1075万円以上で残業代ゼロがあり調整段階に入っているというニュースがありました。

あなたはどう思いますか?

残業イメージ

今日はこの件について取り上げてみたいと思います。


スポンサードリンク




労働基準法の改正で年収1,075万円以上は残業代や労働規制なしに

もう知っている方もおいかもしれませんが、労基法に関するこんなニュースがありました。

 働いた時間にかかわらず、成果で賃金を払うとする「残業代ゼロ」制度などを盛り込んだ政府の労働基準法改正案の概要が7日わかった。新制度の対象者を年収1075万円以上の働き手とする方向で調整するほか、働きすぎを防ぐため、会社にいる時間を制限する措置なども設ける。また、企業に対し、従業員の年休取得を義務づけることなども検討する。

出典:残業代ゼロ制度、年収1075万円以上で調整 政府案:朝日新聞デジタル


さて、このニュースに対してあなたはどう思いますか?
賛成ですか?反対ですか?

残業代ゼロ制度は高所得者だけが対象ではなくなるかも!?

そうそう、この労基法改正案に関連するこんな記事も見つけたので、ご紹介します。

安倍政権が閣議決定した「残業代ゼロ法案」に、年収条件が明記されていないことが判明していました。残業代ゼロ法案は労働基準法改正案に盛り込まれている新しい労働制度の1つで、4月3日に安倍政権は法案を閣議決定しています。
当初、政府は「年収1075万円以上の専門職限定」としていましたが、閣議決定された法案には年収を定めた文章が記載されていませんでした。

出典:【!?】残業代ゼロ法案から年収1075万円以上の文言が削除される!事実上の年収制限撤廃が確定に!|真実を探すブログ


上記引用の記事元は週刊誌のようなので真意のほどはわかりませんが、これが本当であれば年収に関わらず、残業代が支払われなくなる可能性は十分にあります。

事実、経営者団体からは「年収400万円台くらいまでを適用範囲にするべき」という意見が出ているようです。

日本の大企業は社内留保が多いとはいえ政府の鶴の一声に右に倣えでベースアップなどをしていますので、政府側もこうした経済界の声を汲み取る可能性は十二分にあります。

そうそう、「これからの時代はひとつの会社で勤め上げられる保障はない」と言われている割には、大学生は相変わらず安定を求めて大企業の門を叩いていましたが、いよいよそういう時代は終わりを迎えるかもしれませんね。

沈没しかけている日本をどう思っているの

こういうことがあると、労働組合とかが「長時間労働が蔓延する」「過労死が増える」とかすぐ言い出しますよね。

でも、そういう人達は借金が1040兆円近くあり、いつ経済が破城してもおかしくない日本経済のことをどう考えているのですかね。

もちろん、効率よく働いて成果を出すのが理想ですけど、そんなこと言ってないで日本国民総出で懸命に頑張らないと、日本経済は崩壊してしまう寸前だと思うんですが…

それとも、「自分には関係ない」「国の責任だ」とか思っているのでしょうか?

ただ、こういう「猛烈系」の意見は受け入れられない時代になってしまいました。

私には不安しかありません。

政治家も能力主義にするべき

さて、最後にもうひとつ個人的な見解を述べます。
まずは以下の引用を見てください。

高度プロフェッショナル労働制は「時間ではなく成果で労働を評価する」という安倍政権の成長戦略の一環として考案されたものだ。

出典:年収1,075万円以上は残業代や労働規制なしへ 独立起業やフリーを目指す人が増える可能性も:MONEYzine:株/FX・投資と経済がよくわかるWebマガジン


今回の労基法改正はアベノミクスの成長戦略の上記のような方針によるものらしいのです。

なるほど。
でも、よくよく考えたら政治家はまさに「時間ではなく成果で労働を評価する」べき仕事ですよね。

だったら、政治家も成果で評価されるべきだと思います。

以前から思っていたのですが、政治の世界って異常ですよね。
だって、選挙のときにマニュフェストとかをブチ上げといて、その達成率や成果に関してはろくな発表もない。

民間企業だったら許されないですよ、本当に。

2895万円(国会議員の推定平均年収)もの収入が得られる政治家こそ、在籍中にどれだけの仕事をしたかで評価されるべきです。

実績をあげた政治家には1億でも2億でも給与を支払えば良いし、たいした仕事をしていない政治家には固定給20万くらい渡しておけばいいんですよ。

そうすると「選挙にお金がかかる」とか言うんですけど、「選挙はお金がかかるものだ」を良しとしているだけですからね…

ついでに、公費をいかに削減したかどうかも評価基準にして、節約すればするほど評価を高くすればいいとも思います。

本日のまとめ

これからの日本はどうなっていくのでしょうか?
自分には関係ないではなく、いち社会人として本気で考えて行動したいものですね。

そうしないと、日本経済は東京オリンピックまで持たないかもしれません。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ