営業マンにおすすめのヘッドセット

車で営業活動をしている営業マンはヘッドセットを使った方がいいですよ。

大事な着信を逃すことが無くなりますし、運転中にスマホの操作をして警察に捕まることも無くなります。

ヘッドセット

そこで、今日は営業マンにおすすめのヘッドセットをご紹介します。


スポンサードリンク




スマホを見ていたら警察が横に!!

もう、1年以上前の話です。
川崎市の府中街道という道路で大渋滞にハマってしまい、ほとんど車が動かなくなってしまいました。

そんなときにクライアントからスマホに着信が入ります。
「車の中だけど、渋滞で停止中だから大丈夫だろ…」

大事な電話が入る予定があったので、着信に出ました。
要件はすぐ済んで電話を切ったら、コンコンと助手席側のドアのガラスをノックする音がします。

「何だ?」
不思議に思った私が助手席側に視線を移すと、そこにはスーパーカブに乗ったお巡りさんがいました。

「今、あなた携帯見てたでしょ?」
私はお巡りさんに言われるまま交番へと連れて行かれてしまったのです。

スマホの取り締まりが厳しくなっている

後日、この話を車で営業をしている友人に話したら、こんなふうに言われました。

「今は車で通話してなくても、持っているだけで捕まるよ」
確かに、通話も危ないですが、スマホを見るのも危ないですからね。

道交法にもこうあります。

運転者の遵守事項

第71条第5号の5

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。

出典:赤信号や渋滞時…停車中のスマホ操作は違法なの? – 行列のできるトラック相談所

ちなみに、両手が開いていても両耳がふさがっているイヤホンの使用は違反になってしまう可能性があります。
以下は、神奈川県警の「神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について」からの引用です。

(2)  第5号
  大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

出典:神奈川県警察/神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について


知ってましたか?

おすすめのヘッドセット

私が一押しなのはVoyager Legendというヘッドセットです。
by カエレバ

まず、一番いい点は、この形状のヘッドセットは耳にひかっけるタイプですので、そう簡単には外れることはありません。また、片耳タイプですので運転中にも使えます。

着信や通話はもちろん音楽も聴けますので、CDなどが付いていない営業車で音楽を聴きたい人は、自分のスマホに入っている音楽も聴けます。

本日のまとめ

電話って運転中とかタイミングが悪いときに限ってきませんか?
コンビニの駐車場に車を止めて折り返したら、先方の社長は既に外出なんてことありますよね。
ヘッドセットをしていれば、運転中でも電話に対応が出来ます。

また、1回交通違反で捕まって反則金を払うことを考えれば、ヘッドセットは安い買いものです。
安全運転にも繋がりますしね。

何より、1買い使ったら便利でやめられませんよ(笑


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ