テレアポで誰でも出来る効果的なコツとは!?

テレアポのコツはいろいろあります。「明るく感じのいい声で」「普段の話すスピードよりも少しゆっくりと」「ソの音で話す」「出来るだけ早くセールスポイントを伝える」etc

色々と工夫しているのではないでしょうか?

受話器

では、いろいろある中で、最も効果的で誰にでも即実践できるコツは何かと聞かれたら「自分から切らないこと」と私は答えます。


スポンサードリンク




アポインターや営業マンは自分から電話を切る人が多い

RRRRR RRRRR
先日、早めに帰宅したら家の電話に着信が来ていました。

大抵の電話はスマホにかかってくるので「いったいなんの連絡なんだろう!?」と慌てて受話器を取ると、投資用マンションの営業の電話でした。

「何だよ!急いで出たら営業の電話かよ」
一瞬こんなふうに思いましたし、投資用マンションに興味はありません。しかし、私は自分が長年営業の仕事をしてきていますし、テレアポの大変さも十分すぎるほど知っていますので、いきなり「けっこうです」と切ったりはしません。

その日もスーパーの買い物袋を玄関においたまま営業マンの話を聞いていました。ところが、この営業マンは自分から切る方向へ切る方向へと持っていくんですよね。

「投資用マンションにご興味ございませんよね?」
「お忙しい時間ですから、無理に聞いてくださいとは申し上げませんが…」

いやいやいやいや、何の為に電話かけてきたん(汗
そう思いながら黙って聞いていたら「それでは失礼しました」って勝手に切られてしまいました。

何だこれ?!最近の営業会社で流行っているテレアポの手法なのか(笑

テレアポで自分から切るのはやめよう

さて、上記のように「切ってください」と言わんばかりのテレアポをどんなにかけ続けても効果は出ません。だったら最初から電話しない方が相手の為でも営業マンの為でもあります。

ですから、今からこう決めてください!
相手に切られるまでは絶対に自分から受話器を置かないと。

「でも、なんだか押し売りみたいでそんなこと出来ません」って思う方もいるかもしれませんが、安心してください。実際に面と向かった商談と違って電話は嫌なら最終的には切ることができますので、粘りようがありません。

ハッキリ言えば、これだけを徹底しただけで必ずテレアポが変わってきます!

本日のまとめ

テレアポを待っている人はいません。100%が突然のアプローチなのですから。しかし、あなたがすすめる商品やサービスを必要としているかいないかは、よくよく聞いてみないとわからないわけです。

しかし、新人営業マンや売れない営業マンは電話の向こうの相手の気持ちがなかなかわかりません。だったら、切らなければいいんです。相手が切らずに聞いているということは、興味がある可能性があるのですから。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ