トップセールスを目指す営業マンに必要な要素10個!

トップセールスマンを目指す営業マンの方に必要な要素として、10の言葉を送ります。

これは私自身が営業マンとして心掛けてきただけでなく、数々のトップセールスマンを見た中から「これだ!」と思ったものです。

要素

自分のデスクや手帳、待ち受け画面など、目につくようにして体に覚えさせましょう!


スポンサードリンク




トップセールスマンが持つ10の要素

色々なタイプのトップセールスマンがいますが、トップセールスマンが共通して持っている要素をお教えします。

素直

教えてもらったことを素直に吸収して実践する。非常に重要です。
売れない営業マンに限って、最初から自己流のアレンジを加えて明後日の方向へ行ってしまうものです。

強気

トップセールスマンになりたければ強気でなければなりません。
商談相手の年上の社長でも、社内のおっかない上司相手でも、ビビっていたら舐められておしまいです。但し、生意気になれという意味ではありません。

勇気

トップセールスマンには勇気も必要です。
みんながサボっているときも自分だけは手を抜かない勇気、スランプでどうしようもないときも前に進み続ける勇気。あなたには勇気がありますか?

誠実

詐欺まがいのオーバートークを使ったりしても、長続きはしませんし自分自身を疲弊させてしまうだけです。豪快に見えるトップセールスマンも、よくよく付き合ってみると真面目で誠実なことが多いものです。

継続

一発屋や一時的に売ることは難しいことではありません。
真のトップセールスは「常に売り続ける営業マン」であり、そのためには狩猟と農耕を常にやり続ける継続がポイントになります。

自信

自身とは自分を信じると書きます。
当たり前のようですが、自分を100%信じている人って少ないものです。

「俺ならできる」「私に出来ないことはない」
こんなふうに常に自分に言い聞かせ自信を持ち続ける人がトップセールスマンです。

挑戦

昨日の自分よりも今日の自分、先月の自分よりも今月の自分というように、常にチャレンジし続けるのがトップセールスマンへの道を開きます。

失敗

トップセールスマンほど数多くの失敗をしています。
私は過去20年間営業をしてきましたが、否決の数は軽く1万件は超えているのではないでしょうか。
失敗を恐れれない、失敗から学ぶことが出来る人がトップセールスになれる人です。

愚直

愚かなほど真っ直ぐに取り組むことを愚直といいます。
トップセールスマンになる人は、3ヶ月とか半年とか24時間営業のことばかりを考えて頑張っている時期を経験しています。

孤高

トップセールスマンは、程度の違いこそあれみんな孤独です。
忙しくなれば、社内にいる時間よりひとりで外にいる時間が多くなりますし、ずば抜けた成績を上げるようになると、周りの同僚から距離をおかれたり、嫉妬の対象になることもあります。

そんな状況でも孤独の中、自分の信念を貫けるのがトップセールスマンです。

本日のまとめ

この10個はトップセールスマンが持つ要素ですので、自分に足りないものがあれば強化するようにしてください。先ほども言いましたが、常に目のつくところに貼ったりして自分の潜在意識に刷り込むくらいが調度いいです。

私は手帳に上記の言葉を書いて、毎朝出勤前に唱えている時期がありました。
不思議とやる気が出てくるものですよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ