京セラフィロソフィー 経営の原点12か条

ビジネスマンで稲森和夫の名前を知らない人はいませんよね。

京セラの名誉会長で、カリスマ経営者と呼ばれている人物です。

指針

その稲森和夫さんが「一生懸命に真摯にやり抜けば、京セラくらいの会社は誰でもつくれる」と言った京セラフィロソフィー 経営の原点12か条をご紹介します。


スポンサードリンク




京セラフィロソフィー 経営の原点12か条

まずは全文をじっくりと読んでみてください。

1 事業目的・意義を明確にする
・公明正大で大義名分の高い目標を立てる

2 具体的な目標を立てる
・立てた目標は常に社員と共有する

3 強烈な願望を心にいだく
・目標達成の為には潜在意識に浸透するほど強く持続した願望を持つこと

4 誰にも負けない努力をする
・地道な仕事を一歩一歩堅実にたゆまぬ努力を

5 売上げは最大限に経費は最小限に

6 値決めは経営
・値決めはトップの仕事、お客も喜び、自分も儲かるポイントは1点である

7 経営は強い意志で決まる
・経営には岩をも穿つ強い意志が必要

8 燃える闘魂
・経営にはいかなる格闘技にも勝る激しい闘争心が必要

9 勇気を持ってことにあたる
・卑怯な振る舞いがあってならない

10 常に創造的な仕事を行う
・今日より明日、明日より明後日と常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる

11 思いやりの心で誠実に

12 常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する

出典:京セラフィロソフィー


読んでみてどうでしたか?
「これって経営者向けのものでしょ?」そう思った方もいるかもしれません。

しかし、優秀なビジネスマンや営業マンというのは経営者意識を持っている人が多く、その意識の違いが数字や実績の違いに繋がっているものです。

当たり前を当たり前にやり抜くことの重要さ

京セラフィロソフィー 経営の原点12か条を見て誰もが感じることは「けっこう当たり前のことばかりだな」ということです。しかし、当たり前のことを当たり前に継続してやり抜くのは、決して簡単なことでなありません。

例えば誰でも元旦になると今年の目標をたてますよね。

「今年は年収を○○円アップさせる」「健康のために○○kg痩せる」
手帳に書いたり、壁に貼り付けたりして「よっしゃ!絶対にやるぞ!!」ってやる気に燃えるものです。

しかし、1月の半ばの成人式を迎えるころには、年初に掲げた目標を既に守れていない人も出てきます。3日坊主とはよく言ったもので、人はよほど意識して頑張らない限り何かを継続してやる抜くことが難しいのです。

本日のまとめ

そうそう、俺のイタリアンなど「俺のシリーズ」で、あっという間に飲食店を30店舗展開するようになった会社の経営者、坂本考さんが稲森塾の塾生で、京セラフィロソフィー 経営の原点12か条を大切にしているというのは有名な話です。

もちろんあなたは稲森和夫でも坂本考でもありません。

しかし、あなたが現状に留まるつもりがなく、更なる高みを目指すのであれば京セラフィロソフィー 経営の原点12か条にあるようなことを愚直に継続してやり抜くことが近道になると思います。

新年が開けて早くも気が緩んでいる人は、気合を入れなおしましょう。

by カエレバ

by カエレバ


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ