営業マン自身が門前払いを誘導してることに気が付こう

営業マンが嫌いな言葉のNo.1が「けっこうです」ではないかと思います。

営業をやっていれば、テレアポや飛び込んだときなどに嫌というほど耳にしますからね。

門前

しかし、営業マンが門前払いを誘導してしまっていることに気が付いていますか?


スポンサードリンク




営業マンがよく言うフレーズが門前払いを誘発

「お忙しいところすみません」
テレアポの第一声で使う言葉です。

「お時間無いですよね?」
飛び込んだはいいものの忙しそうにしていると、ついつい口にしてしまっていまいます。

実は、上記のようなフレーズを言うことによって、営業マン自身が門前払いされる方向へ誘導してしまっているのです。

「お忙しい」上に「すみません」と言えば「忙しいのわかってて謝るくらいなら電話してくるなよ」って本当に忙しい人は思います。

「お時間無いですよね?」と尋ねれば、「営業か… 面倒臭そうだし、時間ないことにしておこう」って知恵を与えているようなものです。

電話であれば「お世話になっております」でいいですし、飛び込みであれば「少々、お時間頂きたいのですが… 実は…」と間髪入れずに本題に入るべきです。

相手にマイナスの質問してはいけない

よほどの人でない限り、毎日何かしらやることがあります。
そこへ予定外の営業マンが訪問してくるということをよく考えてみてください。

そんな状態で「お忙しそうですね?」なんて質問すれば「忙しいよ!」って返ってくる確率がめちゃくちゃ高くなってしまうのです。

多分断られるだろうな… と最初から思わないこと

あまりに「けっこうです」と断られ続けると「どうせ今度も門前払いだろうな…」って営業マン自身が思ってしまいがちです。
もちろん、次もその次も「けっこうです」かもしれませんが、10件目に話を聞いてくれるお客さまがいるかもしれませんよね。

ですから、「けっこうです」と言われても気にするのをやめましょう。
いきなり断ってくるお客さまは、反射的に「けっこうです」と言っているだけで、あなたが嫌いなわけではありません。

例えていえば、店員が「いらっしゃいませ」というのと同じです。

いちいち気にしてたら、話を聞いてくれるお客さまを逃すことになりますよ。

本日のまとめ

営業はお客さまを誘導する仕事です。
あなたの言葉一つでプラスにもマイナスにもなると心得ましょう。

間違っても自分が門前払いの方向へ誘導するようなことはしないように。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ