一年の計は元旦にあり!営業マンが新年を迎えるにあたって

明けましておめでとうございます。
2015年がスタートしましたね!!

2015新年

そこで新年1回目は一年の計は元旦にあり!営業マンが新年を迎えるにあたってというお話しをさせて頂きます。


スポンサードリンク




何ごとも最初が肝心

一年の計は元旦にありってよく聞きますが、どういう意味なのでしょうか。
念のため確認しておきましょう!

一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。
『月令広義・春令・授時』に「一日の計は晨(あした)にあり、一年の計は春にあり」とあるのに基づく。
「元旦」を「元日」「正月」と言い換えることもある。
「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」と続けてもいう。

出典:一年の計は元旦にあり – 故事ことわざ辞典


当ブログでも何度かスタートの重要性を書いたことがありますが、これって本当に重要なんですよね。
「まぁ、明日でいっか!」って新年早々先送りせず、ちゃんと計画をたてましょうね。

たてるべき計画はプライベートの目標

目標をたてるとなると、「今年こそ年収1000万オーバー!」とか「課長に昇進!」とかビジネス系の目標をたてる人も多いですが、新年にたてるべき計画は「プライベートの目標」です。

考えても見てください。
ビジネス目標は会社で嫌でもたてさせられますよね。
ですから、新年早々自宅や実家で考えることではありません。

それに、あなたが仕事をしているのは、突き詰めれば人生を充実させるためであって、仕事はあなたの人生のパーツのひとつでしかないのです。

そうそう、昨年の年間ベストテンに入った【訓話】3人のレンガ積み職人から考える目的と目標を読んでいない方は是非この機会に読んでみてください。

本日のまとめ

営業マンは数字を追いかけ続ける仕事ですのでしょうがないのですが、目標や計画というと「仕事」のことばかりになってしまいがちです。

年に1度くらいはじっくりとプライベートのことについて考える時間を取りましょう!

ちなみに私の今年のプライベートの目標のひとつは「ダイエット」です(笑

昨年もジムに通ってかなり体重を落としましたが、目標としているところはもっと先ですので今年こそ達成したいと思います。


今年も、当営業ブログ「営業.biz」をよろしくお願いします!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ