亀梨和也や明石家さんまと売れない営業マンの違い

af0060000363

売れなくて悩んでいる営業マンやもっと業績を伸ばしたい営業マンは読んでください。


スポンサードリンク




日テレのアナーザースカイという番組を見ていたらKAT-TUNの亀梨和也が出ていました。
亀梨和也は人一倍「かっこいい自分でいたい」という願望が強かったみたいです。


実はこの「かっこつけ」は営業マンにとってとても重要な事です。


以前、勤めていた営業会社にスーパー営業マンのSさんという人がいました。
静岡の営業所の人なので、普段は会う機会がほとんどないのですが、成績優秀者が集まる研修会で、たまたま同部屋だったので思い切って聞いてみたんです。


「Sさんって常に全国トップの営業成績ですよね?何か秘訣ってあるんですか?」


すると、Sさんが教えてくれたのは、「あるとすれば、もの凄いかっこつけなんですよ」これだけでした。
Sさん曰く、「売れない自分や怒られている自分が絶対に許せない。だから売るんです」


私は、「なるほどな~」と、とても納得してしまいました。


結局、売れない営業マンは、売れない自分をどこかで許しているんですね。


営業成績が悪いのに、本の1冊も読まない。

実績もないうちから、夜遊びして翌日眠たい目をこすりながら出社

自分の扱っている商品やサービスの事を全然勉強しない

怒られれば、それで済むと思っている


私は、大人である自分が一日、一週間、一ヶ月働いて、成果が無いなんて絶対に許せません。

だから必死です。アポが1件も取れずに夕方を迎えると、気が気ではありません。

終礼で「本日はアポが取れませんでした」なんて口が裂けても言いたくないんです。


理由は「かっこ悪いから」 他に理由なんてありません。


それと、もう一つ。


私は売れない営業マンにこのような質問をする事があります。

「もし、明石家さんまが営業マンだったら、この商品(サービス)は売れないと思う?」


売れない営業マンというのは、売れない原因を何かと自分以外の外に向けているものです。

「景気が悪いから」 「価格が高いから」 「商品力が無いから」

でも、100%完璧な商品やサービスって無いんですよね。


100人中100人が売る事が出来ない商品やサービスなら解りますが、どこの会社にも必ず売る人はいます。

それに、本当に売れない商品やサービスなら会社がとっくに倒産しています。


あとは、プロ意識。

これも以前テレビで見たのですが、さんまが交差点で信号待ちをしていると、強面の兄ちゃんがいきなりお尻に蹴りを入れてきたそうです。

その時のさんまの対応は、「ナーイスキック!!」

その返しに、強面の兄ちゃんも思わず笑ってしまったというのです。


私は、このエピソードに感動してしまいました。

「プロやなぁ~」って。


あなたもお金を頂いている以上、営業のプロという自覚を持たなければなりません。

「他にやる事が無いから」とか「たまたま営業部に配属されたから」と思っているのであれば、結果が出る訳がないのです。



「売れない原因は自分にある」 そうやって潔く認める事ができたら、あなたの業績は変わるかもしれませんよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ