営業マンが確定申告(白色申告や青色申告)をする方法

営業マンの中には確定申告をすればお金が戻ってくる方や、外交員報酬としてもらっていて確定申告が必須の方がいます。

私も長いこと確定申告をしてきましたが、自分でやる方法もあれば会計ソフトを使ったり、税理士さんを雇ったりする方法もあります。

クラウドのイメージ

しかし、「面倒くさいから税理士さんに任せればいいや」と簡単に決めてしまうと、顧問料や決算料の負担が大きすぎるということにもなりかねません。

そこで、今日は営業マンが白色申告や青色申告をする際の方法についてご紹介します!


スポンサードリンク




自分で申告する

もっとも費用がかからない方法です。
税務署に言って確定申告用の書類をもらって記入捺印して提出すれば終了。
かかる費用は税務署に行ったときにかかる電車賃くらいです。

しかし、「これは経費になるのかならないのか?」「この経費の品目はどれか?」など、経理や税務の知識が全くないと難しいことも多く、普段から領収書をきっちりと保管していない場合などは、1年間分の領収書の整理や選別(経費になるかならないかなど)をすることになるので膨大な手間がかかります。

自分で確定申告をするのに向いている人は、「医療控除を受けたい」など、たまたまその年だけ控除対象になることがあって確定申告する方、白色申告でほとんど経費がなく申告が簡単な方などです。

顧問税理士に任せる

次は税理士に任せるという方法です。

所得が多く税理士費用が負担にならない方、仕事が忙しく、自分で帳簿をつけたり領収書の管理ができない(したくない)方、多くの経費が発生しているので、しっかりと確定申告したい方などに向いています。

メリットとしては、顧問料や決算料を支払えば、やることは日々の帳簿付けや領収書の保管くらいで、源泉徴収や決算などの手間のかかることは丸投げ出来ます。また、経費として認められないものを誤って計上することもなくなります。

しかし、考えなければならないデメリットは税理士費用です。

ちなみに私の税理士費用(営業マン時代)は以下の通り。

月額顧問料3万円
所得税確定申告書 事業所得 12万円
消費税確定申告書 簡易課税 5万円
日記帳(帳簿)12冊 1万2千円
年間の税理士費用 54万2千円


もちろん、この金額より安い税理士さんもいらっしゃると思いますが、業務の性質上、いい加減にされても困りますので税理士さんなら誰でもいいというわけにはいきません。

また、税理士さんを付ければ「大幅な節税に繋がる」と思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。誤解しない方がいいのは、税理士さんというのは「節税のお手伝をしてくれる」のではなく「正しく納税させる」のが仕事ということです。

この費用を払っても税理士さんに任せた方がいいという方はお願するといいでしょう。

クラウド会計ソフトを使う

最後は私がもっともおすすめしたい「クラウド会計ソフトを使う」という方法です。

税務について多少の知識は必要ですが、勉強しておいて損はありません。
しかも、営業マンの経費は種類が多くありませんので、慣れるのにそんなに時間はかかりません。

そして、メリットが沢山ありますので、以下にまとめます。

  • 税理士を雇うのに比べて費用が各段に安い(月々2000円弱くらいが多い)
  • 銀行口座、クレジットカードなどの自動読み込みと仕訳
  • 日々の記帳業務の効率アップ
  • 白色申告、青色申告まで可能
  • サポートを利用することで判らないことや間違いがなくなる
  • 効率化による経理の時間軽減
  • PCはもちろんスマホなどからもいつでも使える
  • レポート機能などでキャッシュの状況を把握できる

私が若いころクラウドの会計ソフトがあれば、迷わずこれを使っていたと思います。

おすすめの会計ソフト

最後に私が使っているクラウド会計ソフトと、友人の経営者が使っていて評判がいいものをご紹介します。

全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」

まずは私が使っている会計ソフトfreeです。

freee



私の場合は現在法人を持っていますので、税理士さんと併用しています。(日々の帳簿つけと打ち込みはfreeで、その他の源泉徴収や決算は税理さん)

こちらが日々打ち込みまでやっておけば、そのデータを使って税理士さんが決算業務をすることが出来るということで、決算料を6万円安くして頂きました。また、日記帳が必要なくなったので12冊で1万2千円の経費の節約にも繋がりました。

もちろんfreeの月額料金はかかりますが、それを差し引いても年間4万8千円の経費削減になります。

私のように法人の場合は税理士さんにいろいろとお任せするメリットはありますが、いち営業マンで白色申告や青色申告をしたいのであれがばfreeだけで十分だと思います。

やよいのオンライン

会計ソフトといえば「やよい」というくらい有名で使われていますが、そのやよいのクラウド版です。

実際、私の周りでも会計ソフトはやよいを使っている人が多いですね。ネームバリューによる安心感がありますし、実際に使いやすいと聞きます。(私がやよいにしなかったのは新しもの好きだからです)

但し、やよいのオンラインにはやよいの青色申告オンラインやよいの白色申告オンラインの2種類がありますので、自分が白色申告なのか青色申告よってソフトが変わります。間違えないようにしましょう。

やよいの白色申告 オンライン


やよいの青色申告 オンライン


本日のまとめ

私はどちらかといえば数字は得意ではありません。
ですから、最初のころは税理士に丸投げしていました。

ただ、「顧問料や決算料がもう少し安くならないかな…」と思ったのがきっかけで、自分で経理をやるようになりました。

もちろん、プロの経理の方にはかないませんが、それでも知識として知っておいて損はないと思っています。


所得の多い営業マンや将来独立を考えている営業マンは「経費」や「税金」などの知識は必須ですので、今のうちから自分でやって勉強しておくことをおすすめします。(本で読んでも駄目ですね。実際に帳簿をつけたりしないと身につきません)


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ