初めての社員旅行 BHS第23回

「みんなで名古屋に行きましょう!」

社長のTが突然こう言い出しました。

名古屋

多分、起業したはいいものの予想以上に苦戦してなかなか経営状態も良くならない中、みんなの士気を少しでも高められたらという狙いだったのでしょう。

しかし、これはただの旅行ではありませんでした。


スポンサードリンク




大人4人で自家用車で名古屋へ

「え~、行きたくないんですけど…」
業務担当のYさんがめちゃくちゃ抵抗する中、半ば強引に社員全員で名古屋へ行くことが決定しました。

その当時の経営状況は最悪で、決して社員旅行に使うお金なんてありません。

では、どうしてこんなことになったかといえば、名古屋の超大手企業のアポが入ったので私と社長のTが車で名古屋に行くことになったからです。

「名古屋に車でですか?」
こんなふうに思う方も多いと思います。

東海道新幹線のこだまにのれば、東京駅から1時間40分でつくところを6~7時間かけて車で行く必要はないですからね。

しかし、その当時2人で新幹線に乗って名古屋に行く経費を出す余裕が会社にはなかったので、1台の車で行くという発想になったわけです。

社長のTとしては、「この際だからストレスが溜まっている社員全員が羽を伸ばす機会を!」ということで、業務担当のYさんと内勤のAさんも連れていこうという流れです。

ストレス発散どころではない

さて、我々一行は車で名古屋に向かいました。
超ロングドライブの運転手を任された私も大変でしたが、狭い車の後部座席に同じ姿勢で座り続けているのも辛かったと思います。

名古屋についたころはすっかり日も落ちていて、「まずは今夜の宿さがし」ということになりました。

しかし、ここで衝撃の事実が発覚します!
な、なんと宿泊は「漫画喫茶」だというのです。

その当時、ビジネスホテルに泊まるための経費を出す余裕は会社にありません。
そして、長いこと無収入で働き続けているので個人でビジネスホテルに宿泊するお金を出せる者もいませんでした。

明日、大企業との大一番が控えている自分たちの宿泊先が漫画喫茶という現実…
寒いし、狭いし、寝苦しいし、情けないというかなんというか複雑な気持ちになりました…

宿泊先を確保した私達は「せっかくだから!」と夜の名古屋の街に出ましたが、何しろお金がないので特にすることもありません。

簡単な食事をして、ゲームセンターで数百円使って遊んだあと、大人しく漫画喫茶に戻って寝ることにしました。

漫画喫茶のシャワーを浴びて、いざ出陣

私はほぼ一睡も出来ずに朝を迎えました。

「さて、シャワーでも浴びるか…」
体が冷え切っていたからだと思いますが、シャワーがとても熱く感じました…

「4人の人生がかかっているんだ!こんな状況を打破するためにも必ず今日の商談は決めてやる!」
こんな熱い思いがふつふつと湧いてきたことを今でも覚えています。


さて、この後の商談がどのような展開になったかは次回お送りしますね。

そうそう、こんな貧乏旅行ですけど、過去を振り返ったときに最も忘れられない旅行のひとつになっています。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ