営業ノウハウを再認識させてくれたヨドバシカメラの店員

営業ノウハウにもいろいろあります。

今日は、その中のひとつ「お客さまにあった最高の提案をする」についてお送りします。

ノートパソコン

実は、以前にヨドバシカメラの店員さんからそのことを実感させられたんですよね。


スポンサードリンク




お客さまの本当のニーズを引き出す重要さ

これは私が実際に経験した話です。

モバイルノート「VAIO pro11」を買おう!

今年の3月頃の話です。
その頃、私は鞄に入れて常に持ち歩けるモバイルノートPCを探していました。

iPadでも十分すぎるほど色々と作業が出来ますが、ワード・エクセル・パワポなどのオフィスが使えなかった(今はMy Office for iPad (My…)が出て使えるようになりました)のと、フラッシュなどが使われているサイトは見れません。

外出先でも内勤日と全く遜色のない作業をする為にモバイルノートPCが必要になったわけです。

私がモバイルノートを購入する上で考えた条件は以下の通り。

  • すぐに手に入ること
  • 軽いこと
  • 丈夫なこと
  • アダプターなしでも、長時間駆動すること
  • その上、出来るだけ高性能なこと

上記の条件をなるべく満たすモバイルノートPCを探していたら以下のVAIO pro11に行きついたんです。

by カエレバ

今でこそ少し安くなりましたが、その当時は17万円位だったと思います。
それでも「まぁ、これで仕事効率が上がるならいい投資だな」ってヨドバシカメラに向かいました。

VAIOではなく、surfeceを買ってしまった理由

いい投資とはいえ、決して安い買い物ではありません。

散々ネットで調べたのですが、購入してから「やっぱり失敗したな」って後悔したくないので、ヨドバシカメラのPCコーナーでVAIO pro11を見ながら、しばし佇んでいました。

しかし、それでも気持ちの整理が付かなかったので、ソニー担当の店員さんに質問してみたんです。

「こういう条件(さっきの5つの条件)ですが、VAIO pro11ってどうですかね?」

すると、私の予想外の回答が返ってきました。

「お客さまのように持ち歩きを考えていらっしゃる場合、VAIO pro11のような天板が薄いタイプだと液晶画面が心配ですね。満員電車で圧がかかったときに耐えきれるかわかりませんし、カバンの中に無造作に入れるのはNGです。それから…」

まぁ、この店員さん「本当にソニー担当なの?」っていう位VAIO pro11のデメリットを説明するわけです(汗

そして、更にこんなことを言い出しました。

「お客さまのお話しを聞く限り、こちらのsurfaceの方がいいと思いますよ」

by カエレバ

見ての通り、VAIO pro11とは全く違うタイプのタブレットPCです。
ただマグネシウム合金で丈夫なことなど、店員さんは私にピッタリなモバイルノートPCを教えてくれた気がしたんですよね。

結果、私はヨドバシカメラに来る前に全く検討していなかったsurface pro2を即決したのです!

しかも、その頃は人気で品切れ。その上、VAIO pro11よりも若干高くつきました。
それでも、私は大満足でした。

ちなみに、その後surface pro2を使っていますが、めちゃくちゃ使いやすくて重宝しています。

本日のまとめ

上記の出来事は私の中でもちょっとした驚きでした。
というのも、私は自分で決断したことを変えることが滅多にないからです。

何故、変えてしまったのかといえば、店員さんが私のニーズをしっかりと把握して、最高の提案をしてくれたからに他なりません。

「営業マンとして勉強になったな~」
こんなふうに感心してしまったことを今でも思い出します。


でも、1つだけ予想外のことが起きたんですよね。

それは、私がsurface pro2をゲットしてすぐ、以下のsuface pro3が出たということ(笑

by カエレバ

pro2でこんなに使いやすいんだから、画面の大きいpro3は使いやすいんだろうな~…


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ