アポキャンの原因を分析して改善しよう!

「よし!今日は午前中から予定が入ってるぞ!」
やる気満々で出社したら、アポキャンが入って訪問先が無くなってしまった。

こんな経験って営業マンなら誰でもあるものです。

予定がない営業マン

アポキャンはメンタルにも影響しますので、その原因を知って改善しましょう!


スポンサードリンク




アポキャンの原因と改善方法

アポインターも営業マンもアポキャンが多い人って決まってますよね。
その理由ってなんなんでしょうか?

具体的に考えてみましょう!

違う予定が入ってしまう

現代人はとにかく忙しい人が多いです。
テレアポを受けたときには予定がなかったのに、その後違う予定が入ってしまうことは珍しくありません。

そして、アポインターや営業マンが肝に銘じておいて欲しいのは、テレアポの約束の優先順位は低いということです。
仕事や子供関係の予定などはもちろん、仲のいい友人から誘われたりすれば迷わずそちらを優先します。

気が変わってしまう

女心と秋の空
こんな言葉がある通り人の心は変わりやすく、男性も例外ではありません。
(もともとは、男心と秋の空だったという説があるくらいですからね)

テレアポで話を聞いていたときには「聞いてみよう」と思っていたとしても、その気持ちがずっと続くとは限らないのです。

マイナスの情報が入ってしまう

情報化社会と言われている現代では、インターネットでありとあらゆる情報が手に入ります。
そして、その情報はいいものばかりではありません。

特に今の人たちは日常的に検索して調べる習慣がありますので、テレアポしてきた会社や商品について、かなりの確率でネットで調べます。

そんなときに、誹謗中傷がずらっと並んでいたら…
その情報が本当でなかったとしても、信じてしまってアポキャンに繋がることがあります。

横やりが入る

「明日、営業マンの人が来て話聞くことになってるんだ」
「え~、大丈夫?強引に契約させられたりしない?」

こんな感じで、他人から指摘されれば誰でも不安になります。
ましてや、オレオレ詐欺などの影響でテレアポに対する猜疑心や不安はもの凄いわけですから…

こんな原因もあることを知っておいてください。

本日のまとめ

原因についてお話ししましたので、最後に改善方法をお教えします。
それは、アポは可能な限り直近に入れることです。

「えっ?それだけ?」と思うかも知れませんが、残念ながら上記で説明したアクシデントを完全に防ぐ方法はありません。
そうなると、アクシデントが起こる前に商談してしまうしかないわけです。

1週間後のアポよりも3日後のアポ
3日後のアポよりも翌日のアポ
翌日のアポよりも即アポ

もし、先付アポが多いのであれば、今すぐ改善するようにしてみてください。
それだけで、アポキャンが減りますよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ