「断っていいよ」と言ってテレアポを取るときの注意点

「断っていいよ」と言うと、悩んでいる方からアポが取れることてありますよね。

しかし、なんでもかんでも「断っていいよ」トークを使うべきではありません。

注意

そこで、「断っていいよ」と言ってテレアポを取るときの注意点をお送りします。


スポンサードリンク




「断っていいよ」トークを使うときの注意点

「もし、お話しを聞いてみてピンとこないようであれば、その場でハッキリと断ってください!」
この一言で日時設定が出来たという経験がある営業マンは多いと思います。

お客さまの中には「わざわざ来てもらって契約しなかったら申し訳ない…」って考える人も多いんですね。
ですから、「断っていいですよ」を営業マンから言われると気が楽になるわけです。

しかし、このトーク使い方を間違えると効果がないどころかマイナスにもなりますので、以下のことに注意してください。

必要がないのに使わない

「断っていいですよ」と言うべき相手は、猜疑心が強い、警戒心が強い、上記のように優しい方です。
毎回毎回アポクロージングで言うべきではありません。

自分から余計なことは言わないようにしてください。

言い切る

「断っても構いませんが…」ではありません。
「断ってください!」です。

強く言い切れば言い切るほど、「この営業マンは本心で言っている」と相手は感じるものです。
中途半端な場合、「そんなこと言って、来たら粘るんでしょ~」って思われてしまって効果はありません。

「断っていいですよ」の後が重要

「もし、お話しを聞いてみてピンとこないようであれば、その場でハッキリと断ってください!」
問題はこの後です。

このままだと「断ってください」の印象が強すぎますので、こんなふうに付けたしましょう!

「ただ、お話しを聞いてみて『いいな』って思ったら、その時は前向きにお考えくださいね」
こうやって言っておくことで、後々商談に行ったときに勝負しやすくなります。

本日のまとめ

最後に実際の事例を。
私がテレアポをしていて「断っていいです」トークを使っても日時設定に進めない方がいました。

「そんなこと言って結局売りに来るんでしょ?」
過去に何かあったのでしょうか?なかなかOKしてくれません。

そこで私はこのように言いました。

「おっしゃる通りです。私は遊びでお伺いするわけではありませんし、営業マンですから契約を取るのが仕事です。ただ、最終的に契約するしないはお客さまの決めることです。ですから、私は嫌々契約してもらうつもりはさらさらありません」

かなり強烈ですが、このトークを使った相手の方はアポになり、すんなり契約して頂けました。

相手によっては、こんなど真ん中のストレートがいいことも覚えておいてください!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ