目的のない営業マンに送る格言・名言

「営業の仕事やってていいんだろうか…」

こんなふうに常に悩みながら働いている営業マンって多いですよね。

行く道に迷うイメージ

今日はそんな営業マンに送るメッセージです。


スポンサードリンク




ルイス・キャロルの格言

さて、本日お送りするのはこちら。

どの道を行くかは、あなたがどこに行きたいかによります。

出典:どの道を行くかは、あなたがどこに行きたいかによります。 | 起業・独立したい方へちょっといい情報をボソッとつぶやく天然ブログ


この言葉は有名な「不思議の国のアリス」の一説で、その著者が作家のルイス・キャロルです。不思議の国のアリスというと、中学校のときの英語の授業で、ハンプティー・ダンプティーが出てきた記憶が強烈ですが、なかなか深い物語だったんですね。

迷っている営業マンは目的がない

あなたは「何の為に営業の仕事をしているのですか?」と突然尋ねられたらなんて答えますか?

「金の為に決まってるだろ」
「特に目的なんかないよ。ご飯を食べていくため、家族を養っていくためだよ」

こんな感じでしょうか。


もし、上記のような答えだとしても「そんなことだから駄目なんだ」って頭ごなしに言うつもりはありません。逆に本心で思っていない歯の浮くような理想を掲げるような人よりも好感が持てます。

ただ、問題はそれで結果が出ているかということ。

もし、結果が出ていないのであれば、あなたの心には何かしらの迷いがあって、今進んでいる道(営業の仕事)に対してひとつやふたつ、もしかしたらそれ以上に思うところがあるのではないですか?

仕事やお金なんて人生の一部で目的ではない

資本主義の世の中ですから、お金があるに越したことはありませんし、そのお金を稼ぐためには働かなければならないわけですが、その一方で仕事やお金自体が人生の目的になることは、なかなかありませんよね。

もし、仕事が目的になっているのであれば、営業ごときで悩むことはないでしょうし、自分の理想とした仕事をするために起業して会社を立ち上げていたりするはずです。

お金だってそうですよ。

お金は人生を送っていくうえでの道具でしかありません。だからこそ、使い方には品性が現れますし、使う人によっていいものにも悪いものにも変わるわけです。決して目的にはなりません。

本日のまとめ

今行く道に迷いがあるときは、もう一度原点に立ち返って自分の目的についてじっくりと考える時間を持ちましょう。せわしない世の中ですから、もしかしたら考える時間もあまりとったことがないのではないでしょうか?

登る山が決まっていないのに、「この道を行こう!」とは思えませんよね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ