外回りのビジネスマンはケースや保護シートでiPhone6を守ろう!

営業マンのような外回りのビジネスマンにとって、スマホは電話やメールなどの通信手段として必須ですが、ネット上では「iPhone6が曲がった!」というような情報が氾濫していますよね。(Plusをお尻のポケットに入れたという限定的なケースらしいですが…)

iPhone

先日iPhone6に機種編し、しばらく使ったら「注意しなきゃ」と感じたので、さっそくカバーや保護シートを購入しました。


スポンサードリンク




iPhone6は薄いし大きいので安定性がいまいち

ソフトバンクショップへ行って、初めてiPhone6とiPhone6 Plusを触ってみた感想は「大きいな」です。(ちなみに私が機種編前に使っていたのはiPhone5です)

iPhone6 Plusは「電話にしては大きすぎる」という理由で速攻機種編の対象機種から除外になったのですが、iPhone6も正直言って大きい。

手に持った感じは「ホールド」ではなく「フワッと載せている」
わかりますかね。フワッと載せている感じって(笑

何故、そんな感じになるかというと、特に縦に大きくなったので一番上のほうにあるアプリなどをタップするのが大変なんですね。ギュッと握っていたらとてもじゃないですが届きません。(重要なアプリほど上のほうにあるのが悩ましい…)

ですから、iPhone6は手のひらの上にのっけているという状態で操作することになります。
しかし、これが外回りのビジネスマンとっては悩ましいところ。

というのは、ただでさえ手の上にのっけて操作しているような状態なので、注意しなければ落としそうなのに、本体が薄くなったことで、更に安定感がない(汗

「これは落とすのは時間の問題だな…」って思っていました。

本体を保護するためにまずはカバーを購入

落とすのが先か、カバーを付けるのが先か…
こんな綱渡り状態でしたが、おかげさまで昨日落とす前にカバーを付けることが出来ました。

購入したiPhone6用のカバーはこれです!

iPhone6のカバー

ビジネスで使うものなので、無力透明でちょっとだけおしゃれに見えるものという基準で選びました。(ルイヴィトンのダミエ柄に見えません?)

もちろん、カバーを付けたからと言って落っことしたりしないに越したことはありませんが、iPhone6をちょっと机に置くときなどに気を使う心配が無くなりました。

また、このカバーの気に入ったところがこちら。

iPhone6カバー(ソフトケース)

画像を見てもらえばわかると思うのですが、本体下にあるイヤホンジャックとライトニングコネクタ(電源のコードを入れるところ)にフタが出来るようになってるんです!(初めて知りました!というか、私が知らなかっただけ?)

もちろん、本体側面にある電源ボタンとボリュームボタンもカバーされます。精密機械ですし、外で使うことを考えると、ほこりや水滴が本体内に入りつらくなるのはありがたいですからね。(ただ、サイレントにするところは形状的な問題で、あとスピーカーやマイク、カメラのところは当然ですが穴が開いています)

ビジネスマン向けのiPhoneカバーって?

ちょっと話がそれますが、せっかくですのでビジネスマン、特に外回りで社外のお客さまとお会いする営業マンなどが使うスマホのケースについてお話ししておこうと思います。

まず、男性の場合ですが、できるだけシンプルで無難なものを使うようにしましょう。

もちろん、お客さまとお会いしているときに、常にスマホを見えるところに置いておくことはありませんが、納期の件など会社に確認したいことがある場合って、その場で電話したりするじゃないですか?

そういうときに、ふなっしーのスマホケースなどを使っていたらどうですか?せっかくビシッと決めていてもスマホケースのせいで台無しということもあり得ます。

オーソドックスな素材で、色は透明か黒などがやっぱりいいですね。


あと、「俺、カバーなんてつけません」という人へ伝えたいことがあります。

商談中に相手の方に電話が来るときがありますが、傷だらけだったり、「どういう使い方すればそうなるの?」っていうくらいボロボロなスマホを使っているときがあるんです。

別にそれが原因で商談がブチ壊れることはないと思いますが、凄く印象がいいとも思えません。

営業マンたるもの、相手に不快な思いをさせてはいけませんので、大切なビジネスツールであるスマホはきれいに使いたいものです。ちなみに私は、商談前にスマホやタブレット、PCなどはウエットティッシュできれいに拭くようにしています。脂ぎったり、画面が指紋だらけのツールをお客さまに見せたくないですから。

あと、女性の方で気を付けて欲しいのは、派手すぎる色やデコレーションが凄いものなどは避けた方がいいですね。カバーも可愛い方がいいという気持ちはわからなくもないですが、相手によっては、あなたへのビジネスマンとしての印象がマイナスになるかもしれません。

もし、それでもカラフルなものがいいというのであれば、会社のカラーなどに合わせてみるのはいい方法かもしれません。例えば、LINEやサイバーエージェントの女性社員が「黄緑色」のスマホカバーを使っていても違和感ありませんよね。「このスマホカバー、会社のイメージカラーと同じにしてるんです!」とか言えば、相手の方は「愛社精神」を感じてくれるかもしれませんよ。

画面保護シートのメリット

さて、話をもとに戻しますが、私はiPhone6に画面保護シートもつけました。

iPhone6の画面保護シート

理由は「キズ防止」以下のも以下のようなメリットがあるからです。(上記写真にも書いてあります)

  • 衝撃吸収
  • ブルーライトの低減
  • 指の滑りがよくなる
  • 指紋が目立たなくなる
  • 抗菌
  • ファンデーションが付きづらい(女性の場合のメリット)
  • 反射防止
  • 帯電防止
  • はっ水効果
  • 汚れがつきにくい
  • 汚れが拭き取りやすい
割れた画面のスマホを使っている人を良く見かけますが、やっぱり印象がいいとは言えませんからね。シートを張れば割れないという保証があるわけではないですが、つけておいて損はありません。

あと、私としては汚れ系のメリットは嬉しいですね。汗とか顔や手の油とかで汚れるじゃないですか。少しでも汚れ辛いとか、汚れても拭き取りやすいのは本当にありがたいところです。

本日のまとめ

今日は、iPhone6を実際に使ってみて思ったことと保護するためにつけたカバーと画面保護シートの話をしました。

スマホを保護するのは自分のためでもありますが、お客さまにお会いする営業マンなどの外回りのビジネスマンは「相手の為でもある」って考えたいものですね。


by カエレバ


by カエレバ


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ