異業種交流会で集客するためには

営業マンのみなさんの中には「異業種交流会などで集客できないかな」と考えたり、既にそういった集まりに参加している人も多いと思います。

でも、目に見える成果が出ている人ってあんまり聞きません。

異業種交流会

そこで、異業種交流会の集客をテーマにどうしたら集客に繋がるかを考えてみたいと思います。


スポンサードリンク




ほとんどの異業種交流会がくだらない理由

私は異業種交流会が好きではありません。
誤解がないように言っておくと、集客という目線で見たときに好きでないという意味です。

全部が全部とは言いませんが、心のどこかに「効率よく顧客が獲得できないかな」とか思っている人の集まりであることが多く、「くれくれ」「欲しい欲しい」ばっかりなんですよね。

「いい機会ですので、積極的に名刺交換をしてお仕事に繋げましょう」的なアナウンスがあったりしますが、いったいどれだけの仕事に繋がっているのでしょうか?

名刺を捨てに行くような交流会には参加するべきではありません。貴重な時間を無駄使いするのはやめましょう。

それでも異業種交流会で成果を挙げたい人へのアドバイス

さて、それでも「異業種交流会などの集まりから、効率よく集客できないかな」って考える人も多いと思いますし、私自身、そういった集客をしたことが無いとは言い切れませんので、アドバイスしたいと思います。

角度を変えて考えてみる

あなたがLED照明を扱っている会社の営業マンだったとします。
そして、異業種交流会などのからの集客を考えたときに、どんな異業種交流会を選びますか?

最も単純な考え方をすると、店舗を運営している小売店などの異業種交流会が思い浮かびますよね。小売店であれば、店舗に照明が使われていますから、ダイレクトなターゲット層ですので。

しかし、経費削減がテーマの異業種交流会でもないのに「LED販売をしています」って売り込みされたら相手はどう思うでしょうか?「何だ売り込みか…」って思われるのがオチだと思いませんか?


それだったら、経費削減の会社の人たちが集まる異業種交流会に参加するという方法をお勧めします。

LED販売のライバル会社もいるかもしれませんが、重要なのはそこではありません。他にもいろいろな経費削減の会社の人がきているわけですから、「お互いにお客さんを紹介し合いませんか?」って業務提携を持ち掛ければいいんですよ。

これなら、何かを売り込まれるのとは違いますから抵抗なく相手も話を聞いてくれますし、お互いのメリットになる上、デメリットがないので話が早くまとまります。

有料の交流会や勉強会に参加する

無料であったり、低価格の異業種交流会や勉強会には、それなりのモチベーションの人たちが集まってきます。しかし、ある程度の金額を支払ってまで集まってくる会合であれば、集まる人たちの意識は全然違ってくるのは想像が付きますよね。

前者であれば「まぁ、いつでもいいしね~」みたいな行動をなかなか起こさない人種も多くいますが、後者の場合は比較的行動が早い人種が多いので、具体的に話が進んでいく確率が多くなります。

社長の集まりに顔を出す

どうせ参加するのであれば、経営者(社長やオーナー)があつまる会合を選ぶようにしましょう。

もちろん日創研のような社長でなければ参加できない勉強会などもありますが、そうでないものも探せばいくらでもあります。

経営者は常にいい話や面白い話がないかアンテナを張っていますし、自分で責任が取れる立場なので決断が早いです。社員であれば上司のお伺いをたてなければなりませんが、社長はその必要がありませんからね。

最低でも役員以上の方が参加している交流会などを選ぶようにしてください。

与えることが出来るか

勘違いで一番多いのが「どれだけ見込み客との接触が出来るか」という自分のメリットが先行しているケース。ハッキリ言って、こういうタイプが異業種交流会などで大成功(集客という意味)を収めることは無いでしょうね。

大切なのは、「自分が相手に対して何を与えられるか」です。

異業種交流会は趣味の友達探しではありません。ですから「よろしくお願いします」って名刺を配り歩いても無意味です。しかし、だからといって売り込みが強すぎるのもうっとおしいわけです。

「顧客を得る」ことよりも「何を与えられるか」を考えるようにしましょう。

本日のまとめ

さて、最後に私の実体験についてサラッとお話しします。

実は、私自身も顧客獲得を目的に異業種交流会に参加した経験はあります。しかし、名刺交換をした相手の中から優良顧客が出てくることはありませんでした。印象としては、潜在顧客探しをしているもの同士の意味のない名刺交換会。何度か参加して「意味がない」と思ってからは、参加していません。

その一方で、既存のお客さんから「今度、勉強会があるから時間あがようか?」みたいなお声をかけてもらえるようになってきて参加したときは、その後に大口契約に繋がることが多かったんですよね。

その違いは何かを考えたときに思いついたのが、今日お話しした内容です。

意味のない異業種交流会に参加したことだけで「やっているつもり」にならないようにしたいものです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ