まんがでわかる7つの習慣②【営業マンにおすすめの本】

先日、ふと本屋に立ち寄ったところ、以前に購入して「いい本だな」って思っていたらベストセラーになっていた「まんがでわかる7つの習慣」の第2段が出ていたので購入してしまいました。

まんがでわかる7つの習慣②

有名だけど呼んだことがない人や活字が苦手、読書の習慣がない人でも読みやすくかなりおすすめですので、今日はビジネスマンの必読書7つの習慣のマンガ版「まんがでわかる7つの習慣②」についてお送りしたいと思います。


スポンサードリンク




マンガでわかる7つの習慣②の内容

第1段のマンガでわかる7つの習慣は、全体的にサラッと7つの習慣についてまとめられていましたが、今回の第2段は更に踏み込んでそれぞれの章を読み解いていこうという趣旨のようです。

内容は以下の通り。

Chapter1 パラダイムと原則-① 人はパラダイムに縛られて世界を見ている
Chapter2 パラダイムと原則-② 原則を軸に”自分を変えること”を目指す
Chapter3 第1の習慣 主体的である-① 感情に流されない強さを持つ
Chapter4 第1の習慣 主体的である-② 能動的な言葉で自分の主体性を引き出す
Chapter5 第1の習慣 主体的である-③ “できること”に注力していれば徐々に認められる
Chapter6 第2の習慣 終わりを思い描くことから始める-① 最期に何を思いたいかをイメージする
Chapter7 第2の習慣 終わりを思い描くことから始める-② 自分の生きる指名を定義する


「読んでみたい」と思いましたか?それとも「なんだか難しそうだな…」って思いましたか?読んでみたいという方は是非お勧めしますし、そうでない方も難しく考える必要はありません。


というのは、7つの習慣というのは、人間なら誰にでも当てはまる原理原則について書かれていますので、これを読んで全く何も思い当たらないという人はまずいないからです。

ましてや、活字や読書が苦手な人でも読みやすく、またイメージしやすいようにストーリー仕立てになっていますので、ノーストレスで自己啓発の代表的な良本に触れられますよ!

営業マンにおすすめの本の理由

portrayal-89193_640

7つの習慣が営業マンにおすすめの理由について簡単にお話ししたいと思います。

営業で成功するには人格の向上は不可欠だから

7つの習慣では、「本当の成功には人格の向上が欠かせない」と書かれていますが、営業においても人格の向上を目指す必要があります。

もちろん、癖の強いタイプや自己中でわがままタイプのトップセールスマンもいますが、得てしてそういうタイプは長続きしません。また、お金が稼げれば営業でなくてもいいというセールスマンもいますが、果たしてこれが営業マンの目指すべきところでしょうか?

私は営業の仕事はそんなに薄っぺらいものではないと思っています。
対人折衝の仕事である営業を極めたいのであれば、最終的に行きつくところは「人格の向上」です。

営業では(社外)営業と社内営業が必要だから

個人事業主で独りで頑張っている営業マンの方もいますが、ほとんどの場合は何らかの組織に所属していると思います。(例えば、保険の外交員のようにフルコミッションですが、事務所には顔を出すような場合)

そうなると、営業マンとしては、通常の営業の他に社内でも営業が必要になってきます。(ここでいう社内営業というのは、別にいやらしい意味ではなく、「社内の人間関係にも気を配る必要がある」という意味です)

「俺は圧倒的な数字を上げているのに、社内での評価が低い」
「女の私はどうしても男社会のビジネスでは不利だ」

こんなふうに思っているようでは、いくら数字が良かったり稼いでいても不幸ですからね。

今回の「まんがでわかる7つの習慣②」には、まさにそんな人間が登場しています。
社内の人間関係や自分の評価に不満がある人は、考えさせられると思いますよ。

本日のまとめ

まだまだ、伝えたいことは沢山ありますがやめておきます。
というのは、私が伝えることは私のフィルターがかかってしまうので、実際に読んでもらった方がいいと思うからです。

それに、ネタバレになっちゃいますからね。

ちなみに、第1段から読むとより理解が深まると思いますし、いい内容ですのでおすすめです!

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

フランクリン・コヴィー・ジャパン 宝島社 2014-07-11
売り上げランキング : 123
by ヨメレバ


まんがでわかる 7つの習慣

フランクリン・コヴィー・ジャパン 宝島社 2013-10-11
売り上げランキング : 36
by ヨメレバ






スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ