出張の新幹線での過ごし方

私は神奈川県に住んでいますので、出張の際には新横浜駅を利用することが多いです。

新幹線は在来線のような横並びに座るシートではありませんので、ただ座っているだけでなく、いろいろな過ごし方が出来ますよね。

3ad81f109966f08441b11be2ec5a7a62_s

そこで今日は、出張の新幹線での過ごし方についてお送りしようと思います。


スポンサードリンク




新幹線の移動時間を有効活用

私は新横浜から新幹線に乗ることが多いのですが、名古屋まで1時間40分、新大阪までは2時間14分。結構まとまった時間ですが、どのように過ごしていますか?

私が見る限り、朝の新幹線内は新聞を読んでいる人、軽い食事をしている人、寝ている人とかが多いですかね。逆に夕方の新幹線では、缶ビールや酎ハイで早くも一杯やっているビジネスマンの姿をよくみます。

私もそんな感じだったのですが、いつからか「この時間を有効活用できないかな」って思うようになったんです。理由は、けっこうなまとまった時間ですし、電話などがかかってくることもなく、意外と集中できる環境だと気が付いたからです。

では、有効な過ごし方の例をあげていきますね。

メールの送受信

今のビジネスマンで、ノートPCやタブレット、スマホのどれも持っていない人っていないですよね。そして、そのどれかひとつでも持っていれば、メールの送受信という作業が出来ます。

私は出張から帰った翌日の朝に溜まったメールの送受信からスタートするのがすごく嫌なんです。やはり、朝の集中力のあるうちにテレアポなど数字に直結する業務をしたいですからね。

ちなみに、タブレットやスマホでも署名登録さえしてしまえば、取引先へいつも通りのメールが遅れますし、社内のメールのやり取りであれば、それこそスマホで問題ないですからね。

テレアポは新幹線での移動中には出来ませんが、メールの送受信は出来ます。こういういつでも出来る作業を移動中に終わらせるクセをつけると、業務効率が飛躍的に良くなります。

日報、交通費の精算など

これも、上記のメールの送受信と同じで、いつでもできる作業を終わらせて業務効率を上げることが目的です。

出張から戻ってきた翌朝に、午前中の貴重な時間を使って日報をつけたり交通費の生産をしている営業マンがいますが、そういう人でトップセールスの人を見たことがありません。

だいたい、日報なんてその日のうちにつけるからいいわけで、翌日に前の日のことを思い出して書くなんてナンセンスだと思いませんか?「う~ん…」って思いだすまでにかかる時間ももったいないですよ。

交通費の精算だってそうです。
こういう数字に直結しない作業は移動中の新幹線で終わらせてしまいましょう!

読書

メールも溜まっていないし、日報や交通費の精算も終わった。そんな時は、私は読書の時間に充てています。

そして、移動時間というのは業務時間なわけですから、読む本の内容はビジネスや営業などビジネス系の本を読みます。

別にマンガを読んでいて、あとあと問題になることもないとは思いますが、そういう人こそ移動中とはいえ業務時間なのですから、勉強に充てて欲しいですね。どうせ家でビジネス系の本を読まないのでしょうから。

今は、駅ナカが充実していて、ちょっとした本屋さんがある駅が多いので、昔のようにキオスクの文庫本やマンガ、新聞や週刊誌だけでなく、本当にいろいろな本が買えますからね。

1年を通して移動中に読書をするのとしないのとでは、相当な差が付くと思いませんか?

上司や同僚と会話する

人間は共有する時間が多ければ多いほど、打ち解けるという性質がありますよね。ですから、出張中の移動時間は上司や同僚との距離を縮める大チャンスです。

「この部下は、まだ会社の雰囲気に馴染んでないなぁ~」「上司の○○さんって近寄りがたいし、話しかけつらい」こういうときは、移動時間を利用して話しかけてみましょう。

私も出張がきっかけでいろいろな話をしたことがきっかけで距離が縮まった経験は沢山あります。

本日の営業ブログまとめ

新幹線でPC広げて仕事していると「出来るビジネスマン」って感じしませんか?私は単純なのでそれだけでPCを広げて仕事したくなります(笑

まぁ、それは半分冗談だとしても、移動時間を有効活用して悪いことはひとつもないのですから、自分なりの有効な過ごし方を考えてみてください。

こういう小さいところの積み重ねが1年、3年、5年、10年と経つと大きな差になるものですよ。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ