自立した仕事ってあんのかよ!?

お盆も最終日ですね。
田舎からの帰りの大渋滞や大混雑に巻き込まれて大変なのではないでしょうか?

今日はお盆最終日ということで、営業というよりはビジネスに関して書こうと思います。

baby-84627_640

ということで、本日のテーマは自立した仕事ってあんのかよ!?です。


スポンサードリンク




依存しないで自立しないって言うけどさ

ビジネスに限らず、「自立しなさい」とか言われたり、「自立しなくっちゃ」って考えている人って多いですよね。

「大手の下請けは切られちゃったら終わり。もっと自立しないと」こんな言葉はよく聞きますし、「会社員なんて会社に依存しているだけで、将来どうなるかわからない」みたいな話もよく聞きます。

でも、私はこのような話を聞くたびに「じゃあ、まったく何にも依存しない商売や職業ってあるのかよ」って思うんですよね。


例えば、会社員として組織に雇われている状態が依存で、独立して経営者になれば自立なのか?

ハッキリ言いますが、経営者は社員などのスタッフに支えられています。
これって社員に依存しているとも言えますよね。

業界のリーディングカンパニーだったとしても、顧客が見向きもしなくなればおしまい。
これはお客に依存していると言えます。

そして、どんな大企業でも地域や国に依存していますし、電気やガス、水道といったエネルギー系のインフラだって、地球に依存していると思いませんか?

そういえば、何年か前に太陽フレアのニアミスがあったそうですよね。
直撃していたら、電気関係は壊滅状態だったでしょうから、ビジネスどころではありません。

これでも「完全に自立したビジネスがある」というのであれば教えて欲しいですよ。

本日のまとめ

今日こんなことを突然書いたのにはちょっと理由がありまして…
(プライベートなことですし、ブログで書くようなことではないので詳しくは書きませんが…)

勘違いしないで欲しいのは、「依存を勧めている」とか「ぶら下がりOK」って言いたいわけではありません。
やはり、出来る限り人さまに迷惑をかけないように、いろいろな意味で出来り自立を目指すべきです。

しかし、その一方で人間何をするにしても一人では出来ないわけですから、誰かや何かに依存している(お世話になっている)ことに対して感謝を忘れないようにしたいものですよね。

「ここまで成功できたのは、俺様の実力だ」
こんな人をたまに見かけますが、「勘違い野郎も甚だしいぜ。いい大人がみっともない」って思います。


もっと、こういうことを深く考えれば、社員を将棋の駒くらいにしか考えていない企業や、なんでも間でも「ブラック、ブラック」という人も減ると思いますけどね。


それはそうと、明日からはお盆明けの仕事が始まりますね!
まだまだ、暑いですが8月も後半戦頑張っていきましょう!!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ