営業マンのスケジュール管理【iPhone編】

営業マンというのは、売れなければストレスが溜まりますが、売れるようになったらなったで超忙しくなります。

そして、そうなってくると大切なのが「スケジュール管理」

優先順位をつけて、効率よくこなしていかなければパンクしてしまいますし、パンクしないにしても数字が頭打ちになってしまいます。

planning-250091_640

そこで今日はiPhoneを使った営業マンのスケジュール管理【iPhone編】というテーマでお送りします。


スポンサードリンク




手帳でのスケジュール管理は基本だけれど…

私はもともとアナログ人間でした。
どのくらいかといえば、30代半ばまでPCにほとんど触ったことがなく、ワード・エクセルも使えないどころか、キーボードを指一本で打つくらい…

パワーポイントを知らなかった古館一郎と同レベルだったですね(汗


そんな私ですから、スケジュール管理は手帳オンリーでした。
ただ、その手帳のスケジュール管理で不便だなーって思ったことがあるんです…

書くスペースが足りない

外回りの営業マンとしては、「荷物は出来るだけ減らしたい」と思いますよね。
ですから、私も出来るだけコンパクトな手帳を使うようにしていました。

しかし、一日3件の訪問予定を書きこんだり、保留の起こしや追っかけアポを入れる予定を書き込んだりすると、コンパクトな手帳はあっという間に埋まってしまいます。

特に13:00(午後1時)に5件とかやることがあると、13:00の予定を書きこんだら夕方16:00の行まで埋まってしまったなんてことは珍しいことではありません。

これは直感的に見づらいなって思っていました。

書いたことを忘れる

スケジュールが多くなってくると、忘れないように手帳に書き込んだスケジュールを忘れるという本末転倒なことが起こります。

「その時間になったら、通知してくれれば忘れないのに…」って思っていました。

同じスケジュールを何度も書く

例えば、月初の全体会議、週の初めのミーティングをはじめ、毎週、毎月繰り返しあるスケジュールってありますよね。

毎回、毎回手帳にわざわざ書き込むのは面倒くさいし、時間の無駄です。

手帳が汚くなる

びっちりと書き込まれたスケジュールを消化したものから線を引いて消していくと、気が付いたときには手帳がめちゃくちゃ汚くなっています(笑

手帳は日記ではないので、綺麗に使わなくてもいいとは思いますが、あまりにぐちゃぐちゃになってくると、見辛くってしょうがありません。


上記のような不便なところをiPhoneでスケジュール管理することによって、解消することができます!

iPhoneでのスケジュール管理法

それではキャプチャー画面を使いながら説明していきますね。

まず以下の画面を見てください。

写真 2014-08-11 13 30 05

これは私のiPhoneの画面です。
壁紙はアメリカンショートヘアーのブン太です。(田舎で飼っていたネコ。可愛いですね…)

まぁ、それはさておき、画面左上のカレンダーの右に「リマインダー」というアイコンがありますよね。そうです、このリマインダーを使ってスケジュール管理を行います。

リマインダーのアイコンをタップすると、以下の画面になります。

写真 2014-08-11 13 30 20

こんなふうに件数無制限でスケジュールを打ち込んでおけば、タスク管理がとても便利に出来るというわけです。

何が便利かは後で説明するとして、まずは使い方を簡単にお教えします。

以下の画面のように、空欄の行をタップするとテキストが打ち込めるようになります。

写真 2014-08-11 13 30 29

取りあえす「テスト」と打ち込んでみました。

写真 2014-08-11 13 30 38

そして、ここからが重要です。
任意のスケジュールを打ち込んだら、打ち込んだところの右側に青い丸に囲まれた「i」マークがあるのでそこをタップします!

写真 2014-08-11 13 30 52

そうすると、上記の画面になるのですが、ここがポイント!
めちゃくちゃ便利なんです。

例えば、「指定日時で通知」をONにして「アラーム」をセットすれば、その指定した時間にiPhoneの画面上にスケジュールを表示してくれます!(ロック中の画面でも表示されます)

次に繰り返しをタップします。

写真 2014-08-11 13 30 54

そうすると、上記の画面のように「しない」「毎日」「毎週」「2週間ごと」「毎月」「毎年」という項目が出てきます。
そうです、これで繰り返し定期的に行われるスケジュールをいちいちその都度打ち込まなくても良くなるわけです。

超便利ですよね!

更に便利な使い方

でも、こんなふうに思った人もいるはずです。

「リマインダーの画面が見辛いな…」
「せっかく表示されても、そのスケジュールを後回しにしたらどうなるの?」

ご安心ください。
私自身がそう思っていましたが、流石iPhoneだけあって素晴らしい機能が付いています。

ちょっと以下の画面を見てください。

写真 2014-08-11 13 31 51

iPhoneを使っている人ならご存知だと思いますが、iPhoneはロック中の画面でも上から下にスワイプすると、天気予報や株価などの情報が表示されますよね。

そして、そこにリマインダーに登録しておいたスケジュールも表示されるんです!

写真 2014-08-11 13 31 55

例えば、上記の画面でいえば「営業.biz更新」というタスクの左側の「○(丸印)」をタップすると、その表示が消えるようになっているんですね!

ですから、ちゃんと消化したスケジュールとそうでないスケジュールがいつでも確認できますので、忘れることはないというわけです。

本日のまとめ

安くない料金を払ってスマホを使っているのであれば、出来るだけ活用したいですよね。
但し、1点気をつけて欲しいのは、デジタルガジェットには、故障と電池切れというリスクがあるということです。

私はその点のリスクを考えて、商談のスケジュールなど、対外的なものに関しては手帳に書き込むようにしています。
(最悪、iPhoneが使えなくなっても大丈夫なように)

あとは、ちょっとメモを取るときなどは手帳があった方がスムーズですし、「ちょっとまってください」なんて言ってスマホやPCを出すと違和感を感じる年配の方も多いですからね。

そういう意味では、iPhoneだけでなく手帳も必要ということになります。


スケジュール管理の参考になれば嬉しいです!
暑い日が続いいていますが、日々の営業活動を頑張りましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ