先日、以前同じ会社で働いていた後輩と会う機会がありました。

彼には、学歴や実績など特に売りになるようなものはありません。
でも、どこの会社に行っても面接を通るんだろうなと感じさせるものがあります。

そこで、今日は営業で就職や転職をする時の面接のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

営業色の面接のポイント6つ

面接
面接が苦手な人って多いのではないでしょうか?
そうは言っても私の周りでも面接に一度も落ちたことが無い人は沢山います。

その違いはどこにあるのでしょうか?

私は採用する側として多くの営業希望者の面接も担当してきましたので、どのような人が面接を通りやすいか、また、どのような人を企業が欲しがるかなど面接のポイントをまとめてみます。

面接する会社の情報をしっかりと収集する

ホームページも見ずに面接を受けに来る人が何と多いことか…

面接官になるような人は、会社でもある程度の地位の方の場合が多く愛社精神を持っています。

ですから「この人はどこの会社でもいいんじゃないのだろうか?」とか「うちの会社に全く興味ないのでは?」と思ったら面接官は興醒めしてしまうんですね。

こんな状態であれば、合格する可能性は限りなくゼロになってしまうでしょう。

会社案内に書いてあることなど、面接する前に頭に叩き込んでおくのは最低限の礼儀です。


こんな例があります。

とある会社への就職を希望していた私の知り合いのAさん。

面接のときに「御社の企業理念や社訓に共感しました」と言ったら「どの部分に共感したの?」と面接官に言われ「全部です」と言って企業理念と社訓を暗唱したそうです。

少々やりすぎですが、相手の面接官はこれに感動して見事合格で来たそうですよ。

前の職場や仕事の否定は絶対にしない

「前の会社が倒産した」こういった理由は自分のせいではないと思っていませんか?
確かにいろいろある転職理由の中では、どうしようもない理由に入るかもしれません。

しかし「どうして前の会社を辞めたのですか?」と面接官に聞かれた際に、「私のせいでは無かった」というニュアンスで話すのは辞めた方が無難です。

面接する側の立場としては、どうしようもない状況の中で「何を頑張ったか」とか「何を学んだか」を重要視します。ですから「倒産したからです」と他人事のように言う人を入社させたいとは思いません。

過去を否定的に言う人は、今後も何かにつけて否定的なのではないかと思われてしまうからです。

コミュニケーションの取り方に注意

面接というと「何を聞かれるのか?」とか「どう答えようか?」ということばかりを考えがちです。

もちろん、全く見当違いの答えを返しているようでは話になりません。
しかし、それ以外に気を付けるべきなのがコミュニケーションです。

気を付けた方がいいことをまとめてみますね。

笑顔は基本

基本は笑顔で話しましょう。
しかし、わざとらしいのは逆効果です。

自分がどのような笑顔をしているか鏡でチェックしてみてください。簡単なようですが、緊張する面接の場で自然な笑顔で話すという事はとても難しいものです。

相手の話をよく聞く

「聞いているのかいないのか判らない」という人は多いものです。緊張しているのは判りますが、あいづちの打ち方ひとつで面接官に与える印象は全く違います。

それと、相手の話にかぶせないように気を付けましょう。アピールしようとやる気が空回りして、面接官の話が終わっていないのに話し始めてはいけません。

もし、かぶせてしまった時は「失礼しました」とすぐに謝罪して話を聞きましょう。

話す時は簡潔に解りやすく

いろいろとアピールしたい気持ちは判りますが、話は簡潔に解りやすくを心がけてください。

ダラダラと判りづらい話し方をすれば、それだけで営業マンとしての資質を疑われてしまいます。結論を最初に言って、その理由を後から簡潔に説明するのが基本的な解りやすい話し方です。

しぐさや態度も大切

あなたが面接官だとしたら、キョロキョロしたり挙動不審な人を入社させたいと思いますか?

今のは極端な例だとしても、しぐさや態度ひとつで「堂々とした雰囲気」「ハツラツとした感じ」は出せるものです。

話す内容ばかりに気を取られがちですが、こういった所にも気を使いましょう。

あと、自分がどのような印象か友達など複数の人に聞いてみることをお勧めします。

都合が悪いこと、判らないことを濁さない

面接で都合が悪いことや判らないことを聞かれると、濁してやり過ごしたくなるものです。
しかし、とぼけたり知ったかぶりするのは最悪です。

それであれば「この業界の事はほとんど知りませんが、一所懸命勉強させて頂きます」と潔く認めた方がよっぽど印象がいいです。

判らないことが無いに越したことはありませんが…

しっかりとアピールする

自分の強みは遠慮なくしっかりとアピールしましょう。

気を付けて欲しいのは「私は、以前所属していた会社のコンテストで全国一位を取りました」といった過去の栄光の自慢話にならないようにしましょう。

自慢話にしないためには「過去の実績+入社後どんな貢献が出来るか」まで話すといいと思います。

面接官に自分の強みをプレゼンするつもりでいきましょう。

本気度を伝える

面接する立場からすると「この人はいいと思うけど、他でも内定をもらっているのではないか?」と思っているものです。

ですので「面接に通ったら入社はいつ頃になりますでしょうか?」など、入社したい意思をしっかりと伝える事をお勧めします。

私が過去に面接した中でこんな事がありました。

面接も終了しようという時に「私は合格ですか不合格ですか?もし合格であれば明日からでも働けます!」と猛烈にアピールしてきたのです。

結果は「面白い奴だ」と彼のやる気を買ってその場で合格にしました。(多くの方々の面接をしてきましたが、そのような人は彼が初めてです)

極端な例ですが(笑

営業が好きだと伝える

「私は営業という仕事が好きなんです」と伝えましょう。
営業を心底愛しているという人に当たる事はなかなかありませんので、面接官に好印象を与えることが出来ます。

実際、私のもと部下は「私は営業が大好きです」と面接で言ったら、「そういう人間を待ったたんだよ」と即採用になりました。

「他にやる事が無いから営業職を選んだ」
このような人を入社させたい人はいませんよね。

まとめ

以上が面接のポイント6つです!
営業職は他の業種と比較して「やる気があれば入社させてくる会社が多い」です。

あなたの面接が上手くいくことを願っています。

※ 以下のような転職エージェントを使うのも採用率を上げるのに効果的です。