2014W杯準決勝ブラジルvsドイツ戦を観て感じたこと

早朝から衝撃を受けました。
ブラジルvsドイツの準決勝の試合が、なんと0-7でドイツが圧勝したんです。

15-25-28-538_640

私と同じで驚いた人も多かったんじゃないでしょうか。
でも、いろいろと学ぶことが多かった試合だったな。

その中で、スタートダッシュの大切さについてお話しします。


スポンサードリンク




サッカーの試合から改めて学んだこと

今回のワールドカップは自国開催のブラジルとしては何としても優勝したかったと思います。
「マナカナンの悲劇」を今回の2014年ワールドカップで優勝して払拭したいという念願がありましたからね。


知らない方のために簡単に説明すると、ずっと昔にブラジルで自国開催されたワールドカップの決勝でウルグアイに敗れ、そのショックでサポーターが亡くなったという悲惨な出来事があったんですね。

それまでブラジル代表のユニフォームは白だったのですが、その悲惨な出来事がきっかけで今の黄色(カナリアカラー)になったくらいです。



順調に勝ち進んだもののエースのネイマールが腰椎骨折で離脱、キャプテンで守りの要のチアゴ・シウバはイエローカードの累積で出場停止。

この状態でドイツと対戦したのですが、なんと予想外の7-0という大差で敗北するという結果になってしまいました。

ワールドカップのワースト記録は9点差というのがあるようですが、それに次ぐ悲惨な敗北。
こんな試合展開を誰が予想したでしょうか?


さて、これ以上詳しく話すとサッカーのブログになってしまいますので、この辺で本題に入りますが、この試合を観てスタートダッシュの大切さを再認識しました。

スタートダッシュの大切さ

この試合でドイツは前半に5得点しました。
正直言ってこの時点で勝負あり!

後半戦のドイツは余裕を持って試合をしていましたし、当然点を取らなければならないので、前がかりで攻めてくるブラジルの隙をついて更に追加点を2点あげました。

これこそスタートダッシュの大切さを痛感する状況ですよね。


売れる営業マンというのは、月初のスタートダッシュや前半戦をとても重視します。
何故ならスタートダッシュの大切さを知っているからなんですね。

私の場合ですが、1ヶ月30日間の早ければ月の半ばまで、遅くても20日まででその月の目標を達成するペースで仕事をします。

そして、達成したら残りの日数は翌月のネタを作りながら仕事をする。
このパターンで回すようにしてからは目標を達成できない月はほとんど無くなりました。

ちなみに、ドイツはこの試合を余裕をもって戦えたので、決勝戦も万全な状態で臨めるでしょうね。
これこそ最高の勝ちパターンというやつです。


逆に売れない営業マンというのは今日のブラジルチームのように追い詰められて余裕がないので、本来の力を発揮できません。

何をやっても空回り、毎月毎月数字に追われ続けて、月末が終わるとがっくりと肩を落とし、翌月のスタートダッシュにも失敗する…

結果は出ないし苦しいしでろくなことはありません…

本日のまとめ

営業の本を読むだけが学びではありません。

今日のサッカーの試合もそうですが、世の中で起きているすべてのことから仕事に役立つ教訓は得られるものです。

あっ、ちなみに試合中は熱狂しているので余計なことを考えている余裕はないんですけどね(笑


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ